ベランダで家庭菜園をしたい!初心者でも簡単にできるものは?

趣味
スポンサーリンク

東日本大震災をきっかけに、食べ物を自分で作ることに目覚めた方が増えたような気がしています。いわゆる、自給自足ですね。

でも、こう聞くと、都会に住む方は、

畑や、小さくても庭がないと出来ないから…

と思って、諦めてしまうことも多いのではないでしょうか。

そんな簡単に諦めるのはもったいないです!
マンションなどのベランダでも、できることがあるんですよ(^.^)

この記事では、狭いベランダでもできるオススメの野菜の種類。
種から始めるのか苗を買った方がいいのか。また、家庭菜園がもたらすメリットをご紹介します!
これを読んだら、きっと自分にもできる!と自信が付くことでしょう!

畑をレンタルすることを考えている人は、「シェア畑」の記事を見てみて下さい。

スポンサーリンク

ベランダ菜園で出来る、おすすめ野菜ベスト3!

初心者さんは特に、あまり手をかけなくても、たくさんできる野菜から始めると、自信がつき、やる気も出るでしょう(^-^)

夏野菜のトマト、きゅうり、ゴーヤなどは、どんどん大きくなって、支柱を立てたり、ネットを張ったりする必要があります。これらの野菜はやりがいはあるけれど、そんなに広く場所も取れないし…という方へ。
狭い場所でも簡単で、たくさん収穫できるお野菜を紹介します。

オススメNo.1【ししとう】

毎日ポコポコ、どんどん出てきます。
我が家でも父がはまって、毎年必ず栽培していました。ある年は、毎日収穫できた数をカウントしていて、2本のししとうだけで、夏の間に700個は収穫したとのこと└( ゚∀゚)┘
朝ちょこっと収穫して、さっと炒めるだけで、朝ご飯やお弁当に添えることができる、便利な食材です♪

オススメNo.2【レタス】

レタスは、根っこを抜かずに葉っぱだけを収穫していくと、残された根っこからまた新しい葉が育ち、ほぼ永遠に採り続けることができます。
参考:「お得過ぎる!ベランダで育てるレタスのループが止まらない」
https://gejigeji.blog/lettuce_from_lettuce
これはお得ですね( *´艸)

オススメNo.3【ニラ】

ニラも、レタスと同様、どんどん出てきます!虫が付く心配もないです。
お味噌汁の具に悩んだら、ちょっとプランターで採ってきて使うことができます。

番外編!!【ハーブ】

洗濯物を干すスペースを使ってしまうから、ベランダすら難しい!

そんな方は、家の中で【ハーブ】を育ててみることをオススメします。
例えば、バジル。バジルと一言でいっても、種類は色々あります。
パスタやピザによく使われるバジルは、スイートバジル。
ハーブティーとして飲んだり、ガパオライスに入れたりする、ホーリーバジル。
エスニック料理で活躍する、タイバジル。などなど。
いつもは市販されている瓶に入った乾燥ハーブを使っているという、あなた!
一種類だけでも、あなた好みの食生活に合ったハーブを、家の窓際でちょこんと育ててみてください。

フレッシュなハーブを使うと、お料理の腕が一段上がったような気分になりますよ(*^^*)

種からやる?苗からやる?

さあやってみよう!

と気合いが入ったところで、まず最初に考えるべきは、種から始めるのか、苗から始めるのか。

種から芽が出るのを見ると、大人でも嬉しいものです。
種を蒔くのに時期が合い、水やりや間引き作業ができる余裕があるならば、種からやってもよいでしょう。

植物は人間と同じで、芽が小さなうち(人間なら赤ちゃんのうち)が、一番手がかかる大事な時期です。芽の周りに雑草が生えて、雑草のほうが元気よく伸び、芽が育たないで放置されてしまうと、その後、いくら雑草を綺麗にしても、芽の成長は悪くなってしまうのです。

なので、お世話に自信がなければ、無理して種からやらず、苗からやってみましょう♪

家庭菜園で身も心もリフレッシュ♪

家庭菜園の良さは、食べ物を少しでも自給できること、だけではありません。

土や植物に触れることは、心身を癒やしてくれます

特に現代人は、スマホやパソコンを長時間触って、テレビなどの電子機器に囲まれた生活。
目に見えないけれど、それらの発する電磁波で、何かしら身体は影響を受けています。敏感な人は、頭痛がしたり、スマホを持つ手がピリピリしたりするそうです。

そんなときに、身体に溜まった電気を大地へ流して除去することを、アーシングと呼びます

一番効果的な方法は、裸足で大地に触れることですが、毎日出来ることではありませんよね(^^;)
せめて、植物に触れるだけでも大丈夫!…とはいえ、都会暮らしの方は、そうできる場所がいつも身近にあるとは限りません。

家庭菜園なら、ちょっとベランダに出るだけで、毎日土や植物に触れることができ、その効果が得られるのです!

 

まとめ

スーパーに行くと、冬でも本来夏野菜であるトマトやきゅうりが買えます。季節に関わらず、なんでも手に入る、便利な時代です。

自分で栽培するより、買うほうが早いし安い、と感じるのも事実かもしれません

でも、スピード感のある毎日の中で、心が疲れていませんか?
今の便利すぎる社会に、何かあったときに途絶えてしまうのでは…?

なんて、どこか不安を感じることは、ありませんか?

どんな小さなものでも、少量でもいいのです。自分の手で育てて、それをいただくことは、生きる自信になるものです。また、ベランダのプランターだとしても、それは自然のエネルギーを持っています。それを眺めたり、触れたりすることで、ちょっとでもホッとできる時間が生まれるますよ。

ぜひ、気軽に、始めてみませんか*

 

 

家庭菜園を庭でしたいけど狭いと諦めないで!初心者おすすめのシェア畑とは?

 

タイトルとURLをコピーしました