母の日に何もしない旦那はこの世の終わり?上手くその気にさせる方法とは?

夫婦・男女
スポンサーリンク

雨の日も風の日も、ちょっとばかり体調が悪くてもそうじに洗濯、晩ごはん、その他諸々…子供がいてもいなくても、妻は毎日がんばっているのです。(できる範囲でそれなりに 笑)

そう、妻も家庭の立派なお母さん!

なのに…

母の日になーんにもしてくれない旦那さん、結構多いんですよねぇ。ウチの夫もずーっとずーとそうでした。

でも今は…

母の日にも感謝の気持ち(プレゼント)をくれるようになりました。しかもちゃんと嬉しいものを選んでくれています♪

どうやってウチのウルトラスーパー面倒くさがり夫を動かしたのか、そのポイントをご紹介します!
(あくまでウチの場合は…なんですが)

スポンサーリンク

母の日に何もない夫を上手く動かす方法

①ほめる!とにかくちょっとしたことでもほめたたえる

良く言えば永遠の少年、ひらたく言えば子供っぽさが残るウチの夫。例えば夕食のお皿を下げてくれた時とか重いものをちょっと動かしてくれた時とかほんのちょっとしたことでも、気付いたらとにかくほめる!

「わ、ありがとう!さすが夫くん。めっちゃ助かったー」的な。
夫がほんの少し何かをしたことでわたしがとっても喜ぶという方程式をひたすら繰り返し、繰り返し刷り込んでくのです。

人間だれしもほめられる、認められるって嬉しいですもんねー特に、外では出せない子供っぽさを家の中では少々見せるようなタイプの旦那さんなら効くはずです!

■ほめられる → 嬉しい
■コレもやっとこうかな → ほめられる → 嬉しい
■オレ、出来る子!こんなことも出来るぜ → ほめられる → 嬉しい

このパターンを積み重ねることで

「もっとほめられたい!」な欲求を高めて「オレってホントにいい旦那、自慢の旦那なんじゃね?」と錯覚させる。

そう、旦那さんを理想形に誘導(調教?)していきましょう!

②友人・知人へのプレゼントを夫に相談

なんのこっちゃと思うかもしれませんが…コレ大事!すごく大事!お母さんやお父さんのお誕生日はもちろん、友人の出産祝いなどプレゼントを準備する機会は絶好の「プレゼントイメージアップチャンス」なのです!たとえ興味無さそうな態度をとられても負けず・くじけず・諦めず

■「これもいいよねー、どう思う?夫くんも一緒に考えてー」
■「〇〇ちゃんが嬉しいのってどっちだと思う?」
■「あげた時の喜ぶ顔とか想像したらわくわくするねー」
■「渡す瞬間も楽しいけど、選ぶのも楽しいねー」

みたいな感じでがんばって相談してください。ポイントは、女優の笑顔で!うきうきワクワク楽しそうに話すこと。

何かアドバイスや意見を言ってくれたら
①の方程式発動してほめる、とにかくほめる。

「それいい!新しいわー。さすが夫くん」
「わたしには思いつかない発想!助かるわー」

少々大げさで大丈夫。ほめてほめて巻き込んでください。

プレゼントは特別なもの、贈る側が選ぶのも楽しいし、相手にとっても喜んでもらえるもの女性(妻)にとって「プレゼントは特別」

↑このイメージをしっかり印象付けます。

この2つの作戦を日々ひたすら繰り返すうちに…
あーら、不思議

旦那さんはプレゼントを贈るチャンス…(めっちゃ喜ばせる = 自分がめっちゃほめられる)このチャンスを勝手に探し始めます。

さらにプレゼントを選ぶ楽しさやサプライズの準備をしている時のワクワク感も回数を重ねるごとにクセになっていくものなのです。

ありがたいことに4月中旬にもなればテレビのコマーシャルも、街中のディスプレイも母の日アピールでいっぱいになります。それくらいの時期に、ひと言「毎日のなんてことない家事であってもありがとうなんて言われて、プレゼントくれたりしたらめちゃくちゃ嬉しいだろうなー」
トドメのおねだりをしておけばバッチリです!(たぶん…笑)

「妻よろこばせ隊」新人隊員の旦那さま方へ

~ 母の日に私がもらって嬉しかったプレゼントBest 3 ~

・第1位
ちょっと特別なディナーに誘ってくれる

・第2位
エステやリラクゼーションのギフトチケット

・第3位
アクセサリー

家電やキッチン雑貨も嬉しいですが母の日とはいえ、あくまで妻。大切な女性として扱われていることが感じられる日常の生活からは、少し離れたものが素直に嬉しかったです。

さらに感動アップの重大ポイントはメッセージを付けること!

照れ臭かったり、面倒くさかったりでメッセージを書く人は少ないと思いますが…ほんのひと言だけでも、メッセージを添えてください。あなたの面倒くさがりを、誰よりも知っているからこそ妻にとっては最高に嬉しいものなのです。

まとめ

わたしは晩ごはんのメニューが思いつかない時に「今日 記念日 何の日」で検索してみつけた〇〇記念日をヒントにメニューを組んだりもします。

「おでんの日」とか「豆腐の日」とかほんとにいっぱいあってびっくりしますよー

今回取り上げた母の日はもちろん結婚記念日、誕生日、いい夫婦の日、夫の日に妻の日と探せば年々記念日が増えている気がします。

それだけ感謝を伝えるチャンスがいっぱいあるんだと考えて、じゃんじゃんイベントに乗っかっていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました