子育ての悩みは尽きない!?反抗期は4歳から?難しい4歳児との接し方とは?

子育て
スポンサーリンク

2、3歳とはまた違った大変さがでてくる4歳児。2、3歳の頃のイヤイヤ期は自分の体が追いつかなくて思うように行動ができずイヤイヤでしたが、4歳は自分の意思が通らない事がイヤとわがままな行動で難しい時期です。

ここからはそんな4歳児との接し方や4歳児の特徴について紹介していきます。

スポンサーリンク

みんな経験している!4歳児の成長過程

テレビや保育園や幼稚園の友達の影響で、わがままと同時にでてくるのが暴力を振るってしまう事です。意思が通らないとわかった瞬間に叩いたり蹴ったり乱暴な事をして大人の気を引きます。

大きな声で泣きわめきながら地団駄を踏んだり、自分をアピールする怒り方をするのが4歳児の特徴ですね。2、3歳は自分の欲求で号泣したり、眠かったりお腹が空いたりして機嫌が悪くなって泣いてしまうという事が多かったと思います。

4歳児はまだまだ自分の感情や思っている事をうまく伝えきれない事がほとんどです。その感情が爆発してしまって泣きわめいて暴力を振るうという行為になってしまうのです。成長している証ではありますがそうは言っても付き合いきれないこともでてくるのが現実でよね。

4歳児は言葉の理解ができ、しゃべれる言葉が増えます。さらに言葉の説明もできるようになってきます。今日は何して遊んだの?やこれはどうやって作ったの?などと質問するときちんと説明しながら返すことができるようになります。

反対にわからない事を質問したり、話すことが楽しい嬉しいと感じるようになる時期です。汚い言葉を言ってくることもでてきます。

これは脳の発達が著しく色んな言葉を吸収するので成長している証拠です。さらに悪いことをして叱られると、”でも“いや“だって“と説明するようになります。これは言い訳とは思わずに説明していると思って聞いてあげられるといいですね。

4歳児はイヤイヤ期?対策法は?

イヤイヤ期のイメージは2歳が多いですよね。実は4歳もイヤイヤ期なんです
4歳にもなってくると言葉の意思疎通もできますし、色んな言葉を覚えて帰ってくるので言い返しも大人顔負けです。

そうなってくると宥め方や落ち着かせ方が難しくなってきます。さっき”〇〇が食べたい”と言っていたのに“もう食べたくない“や自我も出てくる時期なのでだんだん自分なりのこだわりが強くなってきます。

怖いもの知らずがいきなり物怖じするようになってしまったり、ママが想像していなかった事がたくさんでてきます。それについていけなくなってしまって、イライラしちゃいますよね。
“少し待っていてね“と伝えても言葉の意味は理解していますが、落ち着いて待つという行動は難しい事が多いです。
脳の発達が盛んな時期なので悪知恵が働いてしまうことも。少しではないと理解してしまって反抗してしまったり、伝え方を間違えると逆に伝わらなくなってしまいます。

落ち着いて待たせたい時はなるべく
『15時になったら行こうね』
などと時間をきちんと伝えることがベストです。もう言葉の理解はだいぶできるので伝わることは積極的に内容を詳しく伝えていきましょう。

それに4歳児は“ご飯おいしいね“や”明日公園行きたい”などと現在と未来の区別を理解するようになります。今起きていることを理解し、次もああしたい、こうしたいという欲求がでてくるので自然と先を想像できるようになります

未来を予測できるようになるとお互いに会話も楽しくなってきます。4歳にもなると自分が体験して楽しかったことや面白かったことは記憶に残るように!
前に”これ一緒にやったね“など過去の時間を促すことでさらに記憶力が活発になってきます。またまだ混乱して過去と現在がごちゃごちゃになってしまうこともありますが、急かさずゆっくり話を聞いてあげましょう。これらができるようになるのが4歳児の特徴です。

抱きしめるだけ?肝心なのは心のケア

4歳児は保育園や幼稚園に通って集団生活を送るようになります。お友達と一緒に過ごなかで相手の気持ちがわかるようになったり、小さい子のお世話をしてあげられるようになったりします。

保育園や幼稚園では親の知らない事ができるようになっていたり、たくさん我慢して成長していっています。ですから、甘えられる親にわがままを言ったりするんです
そういう部分を理解してたまには受け入れてあげる事も大切ですね。叱ったあとに泣き叫んだり、時には暴れたりしてわがままを言うことがありますが、あって当然の年頃です

そんな時はママもぎゅーっと抱きしめてあげましょう。ママも忍耐力が必要で大変ですが、ぐっと堪えて落ち着くのを待ちましょう。十分に言葉の理解はできる年頃なのでわかりやすい言葉で慰めながら伝えてあげましょう。

まとめ

4歳といってもまだまだ幼い子です。ママにも甘えたい盛りですし、大変なのは当たり前です。時にはイライラしてしまったりするのも普通のことです。もうお姉ちゃん(お兄ちゃん)なのにと思わず、いつでも甘えていいんだよと待ち構えておいてあげましょう
お互いに気持ちを伝え合って子供の成長を楽しく見守っていけたらいいですね。

タイトルとURLをコピーしました