双子を妊娠、育児に不安が…そんなときはココに頼ってみよう!?

子育て(双子)
スポンサーリンク

双子の妊娠は、嬉しい反面、2人も同時に育てていけるのか、不安に思うことも多いですよね。授乳はどうずればいいのかな?同時に泣いたらどうしよう?病院へは、どうやって行こう?誰か話を聞いて欲しいよ・・・など。

何をするにも不安ばかりで、困ってしまいますよね。それが、旦那さんの仕事が遅く頼れない、実家は遠いなど、協力してもらえる人がいない時は尚更、困ってしまいます。

お母さんになったのだから、1人でなんでも頑張らないといけない!なんて思う必要はありません。正直、1人で全部なんてノイローゼになってしまいます。1人で頑張りすぎて追い詰められてしまうよりも、頼れるところは何でも頼って、少しでも気持ちに余裕を持ち、子供達を可愛いと愛せることが大切だと思います。

では、ココを頼ってみようというサービスを紹介したいと思います

スポンサーリンク

サポートしてくれる事業に頼もう!

双子育児をサポートしてくれる事業は色々あります。

ベビーシッター・ハウスシッター・産褥ケア

保育から家事まで、トータル的にサポートしてくれるサービスです。授乳や沐浴などの赤ちゃんのお世話や、上の兄弟の保育園の送迎やご飯の準備、洗濯などの家事まで色々助けてくれます。
サポート内容や対応してくれるエリアなどは、様々なので、自分の地域でのサポート内容等、ご確認ください。

多胎育児サポートネットワーク

地域で多胎育児をサポートしてくれる団体です。地域により色々な名前の団体があります。私の地域では、産後1ヶ月の時に保健師さんが家庭訪問し、子供の成長や悩みを聞いて下さる際に、この多胎育児サポートの団体の方が一緒に来て下さり、双子ならではの悩みや質問に答えて下さいました。

この方も双子の先輩ママでしたので、聞きたいことを何でも聞けて助かりました。また、検診の際は会場で待っていて下さり、車から降りるところから手伝って下さいました。
それ以外にも、多胎児が集まるイベントを開催していて、なかなか外出できない時も、ここの集まりはみんな多胎児を抱え、そこにいる方はサポートする体制で迎えて下さるので、一人きりという大変な外出ではなく、気軽に行ける集まりでした。

ファミリーサポート

地域で育児や介護の援助を受けたい人と、そんな方を助けたい人が会員登録をして助け合う団体です。保育所までの送迎を行ったり、買い物等の外出の際に子供を預かったりしてくれます。これも、地域によってサービス内容は異なりますので、ご確認ください。

多少のお金がかかったり、人に頼みにくいと思うこともありますが、1人で抱え込んでしまうと思ってる以上にストレスが溜まってしまいます。頑張り過ぎずに、息抜きするタイミングも必要です。多胎児先輩ママの話を聞くチャンスは、なかなかないので、教えてもらう為!とプラスに考え、色々なサービスを利用してみるといいかもしれません!

話を聞いてもらおう!

双子育児に追われると、自分に構っている時間など、ほぼありません。新生児の頃の記憶は、ほとんど残っていません。写真を見て、あ~そんなことあったかな~と、やっと思い出せるかな?という程度です。それくらい忙しく毎日が過ぎていきます

そうすると、自分のことをする余力が残っていないので、一気に老けた感じになります。泣
友達に会いたくても、準備がめんどくさいなど、なかなか連絡を取ることもしなくなってしまいます。

ただ、人に会い、話をするだけで、かなりのストレス発散になります。化粧はできないかもしれません。部屋着かもしれません。それでも、友達に連絡し、家に遊びに来てもらうことをオススメします!

友達が1人来てくれれば、2人とも同時に抱っこできるので、泣き声が止まるかもしれません。2人遊びに来てくれれば、2人とも抱っこしてもらって、泣き声のしない部屋で休憩できるかもしれません。

1日中、どちらかが泣いている、泣き声の止まない部屋は、ストレスが溜まります。泣くことが仕事の赤ちゃんに対して、「うるさーい」と叫んだことは数えきれません。それくらい余裕がなくなります。

それに、大人と会話したくなります。人とどんな内容でも、会話ができることで1人じゃない安心感もうまれます。

私自身も、すっぴん&部屋着のまま、何度か友達に遊びに来てもらいました。みんなが「可愛いね~」と赤ちゃんに声をかけてくれます。とてもありがたいです。赤ちゃん、とっても可愛いです。そのはずなのに、ゆっくりと「可愛いね」と声をかける余裕すらなくなっている毎日なので、そう言ってもらえることで、一緒に顔を覗き込んで「可愛いね」と言える時間ができます

ぜひ、誰かと連絡を取り、家に遊びに来てもらってください。それが1番、ストレス発散になると思います。

まとめ

不安はたくさんあると思いますが、「助けて欲しい!」と声に出せば、サポートしてくれる方はたくさんいます。抱え込まずに、頼れる場所は何でも頼りながら、頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました