認知症の原因とは?白砂糖の取りすぎはボケを早めるかも‥!?

介護
スポンサーリンク

年々増加傾向にある、認知症。
自分の両親も、そしてゆくゆくは自分も…(°Д°)なんて考えてしまうこと、ありませんか。

人と喋る、料理をする、など、脳が働く刺激的な毎日を過ごすことは、もちろん大切。

その他に、食生活でも、気を付けるとよいことがあります。

管理栄養士の筆者ですが、薬膳の知識も織りまぜて、綴らせて頂きます♪

スポンサーリンク

白砂糖は、認知症の原因のひとつです

塩水と砂糖水、電流が流れるのはどちらでしょう!?
小学生か中学生のころ、一度は理科の実験でやりましたね。

答えは、塩水です。
砂糖は電気を流しません。

これが、人体でも起きている可能性があります。
脳からの指令は、神経内を電気信号が流れることで、身体の隅々まで届き、実際に動くことができます。

ここで、身体の中が白砂糖でいっぱいだと、電気信号が流れにくくなります。つまり、脳からの指令が届くスピードが遅くなってしまうのです。

記憶力の低下や物忘れなどの、認知症の症状にも繋がります。

甘いものを常に意識して控えている人が、一時的に白砂糖をたくさん摂ると、物を落としやすくなったり、つまずきやすくなったりすることがあるとも言います。これは、脳からの指令がいつもより鈍くなっているためです。

ここ数日、「よく物を落とすな~」「つまずくな~」などと感じることがあったら、白砂糖を摂りすぎていないか、振り返ってみてくださいね。

白砂糖は、身体ですぐにエネルギーに変換されるため、摂った直後は元気が出たり、幸せな気持ちになったりします。ところが、それは一過性のもので、すぐに冷めてしまいます。すると、また欲しくなり、依存的になってしまうのです。

さらに、白砂糖は急激に血糖値を上昇させ、その繰り返しが血管を傷つけます。この傷が、脳の血管で起こると、血管の破裂や詰まりなどの障害にも繋がり、結果として、認知症を引き起こす可能性があるとも言われています。

薬膳から診る、認知症の原因と、予防策

薬膳から診ても、甘いものの取りすぎは、認知症の引き金になると言われています。

甘いものはドロドロ血を作り、全身の血液の停滞を引き起こします。このドロドロ血を「瘀血(おけつ)」と呼びます。

★瘀血のサインのチェックリストはこちら↓

□歯ぐきや唇、舌の色が紫色、または暗い色をしている
□足の静脈が浮き出ている
□痔がある
□舌の裏側の静脈が暗い紫色で、腫れている
□経血にレバー状のかたまりが混じる
□月経痛がある
□顔色が暗くくすんでいる、目の下のクマが消えない、またはシミやそばかすが多い
□皮膚がザラザラした鮫肌
□手足のしびれか、関節痛がある
□首や肩のこりがある、または頭痛がある
□手足や足首から冷える
□もの忘れしやすい

さらに、瘀血を生み出す要因のひとつに「痰湿(たんしつ)」があります。
これは排水口に溜まる、ぬめりのようなものと想像してください

★痰湿のサインのチェックリストはこちら↓

□吐き気がある
□食欲不振
□便がゆるい
□痰が多い
□耳の閉塞感がある
□めまいがする
□のどや胸につまった感じがする
□肥満
□身体が重い
□頭がヘルメットをかぶったように重い
□舌に厚い苔がべったりとついている

認知症予防には、痰湿をためないことと、瘀血を生み出さないことが大切になります。

それから、ストレスが多いことや、元気がないことも、瘀血を作り出す原因になります。

★ストレスチェックリストはこちら↓

□イライラして、怒りやすい
□憂鬱になりやすい
□細かいことが気になる
□ガスやゲップが多い
□おなかが張る
□便秘と下痢をくり返す
□のどにつまったような感じがある
□こめかみに張るような痛みがある
□胸や脇腹の張りや痛みがある

★元気があるかのチェックリストはこちら↓

□寝ても疲れが取れない
□息切れがする
□声が小さい
□動悸がする
□汗が出やすい(寝汗ではない)
□食欲がない
□軟便になりやすい
□いろんなことが不安になる
□腰に痛みがある
□夜中に何度もトイレに起きる
□疲れると症状が悪化しやすい

たとえ現在は認知症の症状がなくとも、チェックリストで多数当てはまるようでしたら、注意が必要です。

☆瘀血を改善する食材

野菜(小松菜、にら、らっきょう、パセリ)、きのこ、果物(桃、ブルーベリー)
(鮭、たら、うなぎ)、黒米、黒大豆、納豆、栗、くるみ、酢、酒粕など。

☆痰湿を減らすのに役立つ食材

野菜(大根、きゅうり、ゴーヤ、緑豆もやし)、きのこ、海藻、春雨、ハトムギ、ハーブティーなど。
気を付けるべきは、
生もの、冷たいもの、油っこいもの、甘いもの、味が濃い食事を控えることです。

☆ストレス過多の人におススメな食材

イカ・牡蠣・貝類などの魚介類、セロリ・セリ・春菊などの香りのよい野菜、柑橘類、そば、菊の花、ミント、ラベンダーなど。

☆元気がない人におススメな食材

米、もち米、うなぎ、鶏肉、羊肉、やまといも、長いも、自然薯、じゃがいも、さつまいも、ほうれん草、小松菜、ごま、くるみ、ナツメなど。
加熱して、しっかり噛んで食べることが大切です。

参考・引用:『ミドリ薬品漢方堂の まいにち漢方 体と心をいたわる365のコツ』櫻井大典著 ナツメ社

まとめ

認知症に限らず、健康のためにも、白砂糖は控えられるだけ控えるには、越したことはありません。

薬膳で役立つとされている食材も参考に、食生活からも、認知症を予防して楽しい老後を過ごしたいですね

タイトルとURLをコピーしました