寝かしつけ時間は無駄?意外と簡単!寝かしつけが楽になるコツとは?

子育て
スポンサーリンク

1日の終わりに一番大変なのが寝かしつけ。

子供の気分に振り回されたりして中々寝てくれないと、ママの睡眠の時間も削られます。イライラも溜まりますし、とても労力を使います。

この記事では、
【寝かしつけ時間は無駄?意外と簡単!寝かしつけが楽になるコツとは?】
と題しまして、そんな大変な寝かしつけを少しでも楽にするコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

ママの負担を減らせる?最適な寝かしつけ方とは

月齢によっても変わってきますが、寝かしつけに0〜1歳の平均は30分〜1時間程かかります。月齢が上がっていくにつれて少なくなっていきます。1人で寝られるようになるのはだいたい小学生に上がった辺りでしょうか。

もちろん個人差はありますが、ママの大半は苦労していますよね。赤ちゃんは寝る前にぐずるのが普通です。それに夜中に何度も起きてしまう子が大半です。

ママもまとまって寝られないので寝不足で辛い!子供は生活リズムが大事だから、夜寝る時間と朝起きる時間を決めましょう。生活リズムをしっかりつける事で慣れてくるころには自然と眠くなってくるものです。

だいたい生後3ヶ月頃から、昼夜の区別がついてくるといわれているので、その辺りから夜9時までに就寝、朝の8時頃に起床という感じで、少しずつしっかりとしたリズムを作っていけるように心がけましょう。

あとは、就寝前の授乳も大切です。お腹が空いていたり喉がかわいていたりすると中々寝付けないものです。落ち着いて寝付けれるように『添い乳で寝かせる方法』や授乳の最中に寝てしまう方法に持っていくとママも楽ですよ♥

私は、ほぼ母乳で育てていたんですが、5か月ぐらいから、夜に子供が起きてしまうことがよくあるようになってしまいました。

母乳は、腹持ちが悪いのかと思って、寝る前に200mlの粉ミルクを飲ませるようになると、朝までぐっすり寝てくれましたよ!!

母乳の人は、一度試してみてくださいね♥

授乳が終わっている子は、「お茶を飲んだら寝ようね。」「絵本を一冊読んだら寝ようね。」などと毎日寝る前には同じ事をしてリズムを作ってあげてください

寝かしつけにもってこいの絵本アプリ「みいみ」

私が子育てしている時にはなかったんですが、とってもいいサービスをみつけたので、ご紹介しますね。

それは、絵本読み聞かせアプリみいみ、というサブスクリプションサービス!

「みいみ」は、本の楽しさと出会えるアプリ。 子どもが喜ぶ!寝かしつけにもぴったりの「聴ける絵本」アプリなんです。

無料期間があったので、どんなものかと登録してやってみたら…
実際の雰囲気がわかるように、スクショ取りましたので、見てみてください。

読ませたい本を検索してくれますし、そのまま選ぶこともできます。

みいみ

自分の声で、絵本の読み聞かせだってできます。

 

めちゃくちゃ楽しいアプリでした。
自分の声で絵本が作れちゃうんですよ~

 

  • プロのナレーターによる絵本の読みきかせ楽しめる
    ・おやすみ前の寝かしつけにもぴったり
    1ヶ月無料でお試しOK
    ・物語のセリフの一部を吹き替えて遊べる
    ・親子で役を決めて遊んだり、保存したお子さまの声を家族で楽しんだり
    ・人気の絵本から名作童話まで、幅広く50冊以上を配信
    ・毎月新しい本もゾクゾク追加予定

 

絵本読み聞かせアプリみいみを1か月無料で試してみる↓↓↓


去年、姪っ子が赤ちゃんを出産したので、この「みいみ」を教えてあげたら、とっても喜んでいました!
そのうち、このアプリで字も覚えるようになるかもしれませんね。

 

さて、話をもとに戻すと…

寝ぐずりをする子は、なるべく抱っこはしないようにしましょう。抱っこ紐やおんぶなどで寝かせてしまうと布団に置いた時に起きてしまって、また寝かしつけの繰り返しになって、ママの負担になる事が多いのです!

なるべく赤ちゃんの呼吸に合わせて、お腹をトントンして寝かしつけができるように心がけましょう。

どうしても抱っこじゃないとだめな場合は、布団におろす時にトントンしながら、自分も一緒に寝転がるようにしてみてください。落ち着いたら離れてもそのまま寝てくれますよ~。

抱っこで眠りにつく赤ちゃんは、お母さんの胸の音を聞いて落ち着いて眠りにつくそうです。なのでギリギリまでピタッとくっついて、静かに布団に置いてあげると、おろしたら泣くといのはだいぶ防げます。

眠りが浅い赤ちゃんは、少しの間横で一緒に寝てあげましょうだいたい15〜30分程度で深い眠りにつくのでそれまでトントンしてあげながらママも横になって少し休憩してください。

【赤ちゃんが寝ちゃう動画をみつけたので、紹介しますね。
ママも一緒に寝れちゃうらしいので、注意してね。】

焦ってはいけない!夜泣きの対策法

夜中に起きて泣いてしまう、いわゆる夜泣きは、すぐにかけつけて抱き上げるのではなく、少し見守って見ることも大事です。すぐに授乳やおむつ替えをしてしまうと逆に目を覚まさせてしまって寝つきを悪くさせてしまうんです。少し様子を見るようにしてみましょう。

夢や寝言で泣いてる場合もあるので、少し見守って、それでも泣き止まなかったらトントンして落ち着かせましょう。それでもだめであれば、そこで授乳やおむつ替えをしてあげてください。

生活リズムでは、昼寝は就寝時間に影響するので昼寝の時間を早めに切り上げるようするのがポイント。昼寝を遅い時間にさせてしまったり、長く時間をとってしまうと夜に影響してきます。

もしも夕方に寝てしまったら、30分程度で起こしてあげて、他の遊びで気を引いて機嫌をとってみたりしてください。もしくはオルゴールの音やゆったりした音楽を毎日寝る前にかけるようにしてみましょう。

ママもリラックスできますし、子供達の眠気を誘う事もできます。

色んな音楽をかけてみて子供の好きな音楽を見つけてみてもいいですね。さらに寝る前に絵本を読んであげると、自然と寝てくれることもあります。

寝かしつけに絵本を読んであげるときは、電気は暗めにしましょう。子供は想像力豊かなので自分でお話を聞いているうちに想像しながら寝てしまう事が多いです。

それで、すんなり寝てくれればママの負担も少しは楽になります!


数日我慢するだけ!断乳効果は抜群!

夜泣きが多い赤ちゃんは、断乳できる年頃になったら、少し早めに考えていきましょう。泣く度に授乳をするのは難しいので、頑張れる時期がきたら赤ちゃんもママも一緒に頑張ってみましょう。

最初の数日は辛いですが、それを乗り越えれば圧倒的に楽になります。夜中に泣いてもひたすらトントンしたりお茶を飲ませてみたり、体力と根気はいりますが上手くいけばママの負担がすご~く減ります。

夜中の授乳をやめると、眠りが深くなったり全然寝ない子が寝てくれるようになるとも言われているので、一度は挑戦してみることをお勧めします。

まとめ

【寝かしつけ時間は無駄?意外と簡単!寝かしつけが楽になるコツとは?】ということでお届けしました!

子供の寝かしつけは中々上手くいかないものです。

向き合いすぎてもイライラが募るばかりです。授乳や夜泣きなどで寝不足が続きますが、1人で抱え込まずにしましょう。

大切なのはママと赤ちゃんの負担を減らす事。もちろんその子その子で個人差はあるので寝かしつけ方もそれぞれです。

ママと赤ちゃんがグッスリ眠れる最適な方法が見つかるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました