介護タクシーは介護保険で利用できるのか?

介護
スポンサーリンク

自宅での介護だけでなく、近隣に住む実父母や義両親を介護している方も多いのではないでしょうか?日常生活はそこまで支援が必要なくても、通院や買い物など外出時に支援を必要とする高齢者はある程度いらっしゃいますよね。

室内は自分の足で歩けても、徒歩や電車を使っての移動となると足元に不安を感じる方が利用できる、「介護タクシー」についてご紹介します。

スポンサーリンク

介護タクシーと福祉タクシーの違いとは?

 

介護タクシーは、介護を必要とする人が利用する介護職員初任者研修など、介護に関する一定の資格を持つ運転手が行うタクシーサービスです。

車への乗降介助や通院先や外出先での介助を受けることもできるので、ヘルパーさんがタクシーサービスを行っている、というイメージがわかりやすいでしょうか。

実は、介護保険には「介護タクシー」という言葉はなく、訪問介護の中に「通院等のために乗車または降車の介助」と位置付けられています。訪問介護の一種というくくりです。

 

介護保険サービスに位置付けられているので、一割(もしくは二割)の自己負担と別途運賃が必要になります。

介護タクシーの中でも、車椅子のまま乗車できるタイプは台数が限られるので、利用日がきまれば早めの予約が鉄則です!遠方に行く際は特に注意しておきましょう。

福祉タクシーは、歩行が難しい身体障がい者などが主に利用するタクシーで、車椅子のまま乗車できる福祉車両タイプがメインです。
利用の際に、自治体によっては運賃の一部補助が出ます。旅行や通院の送迎、外出など用途を限らずに利用可能です。

 

介護に関する資格を有していない場合、乗降介助など利用者の体に触れる介助はできず介助は付き添いや家族が行います。

 

介護タクシーは介護に関する資格が必要ですが、福祉タクシーは普通自動車第二種免許があれば開業できるのも特徴です。

介護タクシーを利用するメリット

介護タクシーを使うメリットは、歩行が難しいなど移動に介助が必要な高齢者が、通院や買い物などの際に目的地まで安全に移動できることです。

 

介護者2名で通院や外出を行う際は、駐車場に車を停めに行かずに、入口そばで要介護者を下ろし、車いすなどに移乗できます。しかし、介護者一人で運転と介護を行う場合、行き先の出入り口近くに駐車場がない時に困ります。車の移動や駐車場の確保など、雨天時は特に困るのですが、介護タクシーを利用するときはこの心配がありません。

 

出入り口付近の乗降スペースを利用でき、車から重たい車いすをドライバーさんに降ろしてもらえて、タクシーから車イスへの移乗介助もお願いできます

 

都市部では駐車場の確保も一苦労という病院も多いので、駐車場の確保という時間のロスが少なくなるのが大きなメリットですね。

 

介護保険サービスととして位置づけられており、事業所登録しているのも利用時の安心材料です。利用料の一割負担で利用できるので、費用負担がそこまで大きくないのも嬉しいポイントです。

介護タクシーを利用するデメリット

介護タクシーを利用する際のデメリットの1つは、介護保険サービスに位置付けられていることです。メリットでもあるのですが、要介護認定を受けていることや要介護1以上の判定を受けていること(申請すれば要支援1・2でも利用可能の場合あり)など、様々な条件があります。
介護タクシーを介護保険適用外で利用すると、金額が高くなっていしまいます。


日常的に介護が必要な状態を判定されていないと利用できない
ので、要介護認定を申請している途中や要支援1・2では、急に利用したくても介護保険サービスとしては難しいのが現状です。ケアプランに利用が必要と記載されることが必要とされているのも、急な利用に際してデメリットになります。

 

介護タクシーは、介護保険サービス以外でも利用できます。こちらはケアプランと関係なく自分の希望に沿って利用できますが、全額自己負担となるので、遠方になるとかなりの金額になります。介護サービスの事業所として認定を受けてなくても営業できるので、サービスの質が低い可能性もあります。

まとめ

いかがでしたか?

介護タクシーと福祉タクシーの違い、介護タクシーの利用条件や利用するにあたってのメリットとデメリットをご紹介しました。

 

介護タクシーは通院や外出の際の貴重な移動サービスで、介護に関する資格を有するドライバーさんが行っているので、安心して必要な時にお願いできます。

 

雨の日だったり、足元が不安だったりする可能性が高い外出は、介護保険のサービスを活用して、安全に出かけられるようにするのも賢明だと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました