太陽生命が新しく出すコロナ保険の値段と申し込み方法は?入っとくべき?

新型コロナウイルス
スポンサーリンク

太陽生命保険が、9月から新型コロナウイルス感染症に特化した個人向けの保険を開始するとの発表がありましたね。こうした保険を生命保険会社が出すのは初めてなんだとか。

そうなると、気になるのは、月々の支払い額ですよね?
すっごく高いなら、諦めるけどそんなに高くないなら、保険をかけておきたいと思う人は、たくさんいると思います。

そこで、今回の記事では、太陽生命が新しく出すコロナ保険の値段と申し込み方法。そして、申し込むべきがどうかについてご紹介します。

感染症プラス入院一時金保険のみの保険料の一例として、50歳男性で520円女性で440円です。ただ、単独での申し込みはできないようです。

現在、あなたが入っている保険を把握しておきましょう。

スポンサーリンク

太陽生命が新しく出すコロナ保険の値段と申し込み方法は?

まず、今回太陽生命が出すコロナ保険の正式名称は、


〔無配当災害入院一時金保険(無解約払戻金型)

「ウィズコロナの時代に、どこの会社よりも早く、新型コロナウイルス感染症を手厚く保障する生命保険の提供を通じて、お客様にご安心をお届けし、元気、長生きをサポートしたい」という想いをもって開発した商品です。

 

感染症プラス入院一時金保険の商品内容

太陽生命がリリースした資料を抜粋しながら、見ていきましょう

◆保証内容

つまり、太陽生命の通常の入院一時金保険に入ることが必須ということですね。

すでに、ほかの医療保険に加入している人は、その保険にプラスして加入するか、そちらを解約して加入した方がいいのか、検討する必要があるということです。

◆契約の取り扱い

契約できる年齢は、有期で75歳、終身で85歳まで可能!

有期は、10年。

◆保険料例

この、保険は、単独で入ることは、できないので、主保険として、入院一時金保険に加入しないといけません。

50歳でみてみると男性が 4700円/月
これに、520円/月を支払うことで、この保険に加入できます!!

日帰り入院でも一時金でお受け取りいただけます

ということは、ホテル療養や自宅隔離などでも受け取れるということです
(詳しくは、契約の際、確認してください)

申し込み方法

コロナの保険というだけあって、非対面での手続きを希望する客のニーズに対応して、太陽生命のインターネットチャネルである「スマ保険」でも「感染症プラス入院一時金保険」に申し込みできます!

感染症プラス入院一時金保険には申し込むべきか?

コロナが絶滅するというのは、10年以内では考えにくいきがします。

たとえ、ワクチンをうったとしても、コロナに感染してしまう可能性はあります。

 

だから、今からどこかの医療保険に入ろうと思っている人は、この保険を選ぶべきですね。10年以内に、一度はかかってしまうようなきがしませんか?

あとは、あなたが現在入っている医療保険の契約内容契約更新時期年齢など、いろいろ総合的に判断する必要があります。

生命保険の特約で、医療保険にはいっている場合もありますよ。

20万円の保険金のために、20万円以上の損をしたら、元も子もないですよ

主人や私、子どもたちの医療保険がいろいろで、どうしたらいいのかわからないわ…

そんなときは、保険のプロに、相談するのが一番!

さらに、オススメなのは、1社だけではなく、最低2つ、できれば3社に相談して一番いいと思う方法に決めるといいですよ!

これから、10年以上支払うことになる保険は、加入するまでに、しっかりと検討するべきです!
後悔のないように、調べましょう!

保険の相談ができるサービス一覧

  1. 全国2000人の保険担当者とつながる【保険チョイス】


  2. 何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】


  3. マネードクター
  4. 生命保険の無料相談/見直し【保険GATE】

  5. 総額が最大650万も変わる?無料の保険相談なら保険マンモス!



医療保険の見直しの必要性は、最近よくいわれています。
でも、とりあえずそのままにしていた人も、これを機に保険全般の見直しをトータルですることをオススメします。

不要な保険を削減して、あなたに本当に必要な保険に加入することで、安心した生活や節約できた保険料でちょっとしたゆとりができるかもしれません。

まとめ

『太陽生命が新しく出すコロナ保険の値段と申し込み方法は?入っとくべき?』
について紹介してきました。

コロナ対応の『感染症プラス入院一時金保険』は、それ単独では加入できませんが、50歳で、月に520円の保険料という値段。
思った以上に安いですね。

ただ、単独での申し込みができなので、医療保険・生命保険両方を見直しして、加入するべきか検討してみることが、必要です!

この冬には、更に感染者が増える可能性が高いので、早目に準備しましょう!

この記事が、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました