児童手当廃止は世帯年収合計?共働きは対象か・いつからなのか調査!

子育て
スポンサーリンク

児童手当が年収1200万円以上の世帯への給付を廃止することが、閣議決定されましたね!

この『年収1200万円以上』というのは、世帯主の夫が1200万円以上だった場合だけ児童手当が廃止なのでしょうか?

夫婦二人が共働きで、夫も妻も収入があった場合、夫婦合算の年収で、1200万円以上になってしまうと、児童手当を支給してもらえないのでしょうか?

せっかく家計の足しになればとパートに出ているのに、『世帯収入1200万円以上』がどういった人やパターンがそうなるのかよくわかりませんよね!

更に、児童手当廃止の対象となってしまった場合、いつから支給廃止されるのかもきになるところです。

この記事では、

【児童手当廃止は世帯年収合計?共働きは対象か・いつからなのか調査!】

と題しましてまとめてみました!

この記事を読んで解決すること
共働きで、二人合わせて1200万円の年収だと児童手当廃止の対象となるのか
祖父母も合わせた世帯収入合計が1200万円だと児童手当廃止の対象となるのか
児童手当廃止の対象となる年収はいつの年収からか
児童手当廃止のはいつから開始か

 

スポンサーリンク

児童手当廃止は共働きは対象?

まずは、気になる結論からお伝えします!

児童手当廃止は共働き世帯の年収合計金額が、1200万円以上という計算方法ではありません!

児童手当受給廃止の対象となるのは、「世帯内で、一番収入(所得)の高い人の年収」なんです。

つまり、世帯の中で、一人でも年収が1200万円以上の人がいると、児童手当廃止の対象となります。

注意しないといけないのは、世帯主の年収ではなく、「世帯内で一番収入(所得)の高い人の年収」ということです。

例えば、夫がの年収が900万円。

妻の年収が400万円の家庭の場合…

世帯年収合計は、1300万円となって、1200万円以上となります。
しかし、「世帯内で一番収入(所得)の高い人の年収」は、900万円ですから、そのまま引き続き児童手当を受給することができます!

現在、夫の年収が960万円以上で、妻が専業主婦・子供2人のモデル世帯は、児童手当が減額されて月に5,000円となっています

法改正後は、夫か妻のどちらかの年収が1200万円以上だと、児童手当廃止の対象となります!

専業主婦の家庭の場合、夫の年収が1200万円以上なら、児童手当廃止の対象です!

もちろん、世帯主の夫の収入¥0、
妻の収入が1200万円以上なら、児童手当廃止の対象世帯となってしまいます。

 

 

児童手当廃止は世帯年収合計が1200万円以上が対象?

こちらも、先に結論をいうと、

児童手当廃止は世帯年収の合計金額が、1200万円以上という計算方法ではありません!

先ほども説明しましたが、児童手当受給廃止の対象となるのは、「世帯内で、一番収入(所得)の高い人の年収」が1200万円以上です。

おじいちゃんが、パートで年収100万円なんだけど、それも合算するのかしら?

と心配する人がいるかもしれませんが、安心してください!
祖父や祖母に収入があっても大丈夫です。

具体的に例を出してみましょう!

パターン①

夫:900万円
妻:900万円
祖父:200万円

世帯内の合計年収:2000万円

パターン②

夫:1200万円
妻:200万円
祖父:200万円

世帯内の合計年収:1600万円

世帯内の合計年収は、パターン①の方が、400万円も多いですが、パターン①の中で「一番収入の高い人の年収」は、900万円です。

パターン②の世帯の「一番収入の高い人の年収」は、1200万円ですね。

つまり、パターン①の世帯は、児童手当を受給できますが、パターン②の世帯は、児童手当廃止の対象となってしまいます!

パターン②の人にしてみれば、損した気分ですよね…

児童手当廃止はいつから開始?

では、児童手当廃止はいつから開始となるのでしょうか?

児童手当廃止は、2022年の10月支給分からとなりそうです!

 

児童手当廃止の年収1200万円以上はいつの年収でみるのか?

結論からいいますと、

児童手当廃止の対象となるかを確定する年収は、2021年1月~12月までの年収です!

つまり、今年、2021年の年収がさっそく対象となるわけですね。

児童手当廃止の対象とならないようにする対策があります

最初に言っておきますが、方法は、ほんのちょっと年収1200万円を超えちゃいそうな人に有効です!

それは、iDeCoなどの確定拠出型年金を始めることです!

画像引用:松井証券

我が家では、税金が戻ってくるので数年前から始めました!

もちろん、支払った分の所得税が全部戻ってきますし、今回は、簡単に言うと、「所得を低く見せられる」→児童手当廃止の対象を逃れることができるので、検討されていいと思います!

2021年の年収から、対象となるので、早めに行動しましょう!

まとめ

児童手当廃止は世帯年収合計?共働きは対象か・いつからなのか調査!ということでお届けしました

  • 共働きで、二人合わせて1200万円の年収だと児童手当廃止の対象となるのか
    ならない
  • 祖父母も合わせた世帯収入合計が1200万円だと児童手当廃止の対象となるのか
    ならない
  • 児童手当廃止の対象となる年収はいつの年収からか
    2021年1月~12月の年収
  • 児童手当廃止のはいつから開始か
    2022年の10月支給分から

1200万円といえば、高所得と思われますが、実際には出ていくお金がすごくかかります。
子供へお金を支給すると考えれば、どうして親の所得であり・なしを決めてしまうのでしょうか?

不満の方も多いと思いますが、今から対策できるかたは、対策していきましょう!

少しでもお役に立てれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました