断乳後のおっぱいケアを間違えないで!看護師が教える乳腺炎にならない方法

子育て
スポンサーリンク

仕事に復帰する予定があるママや、下の子を授かったママ。離乳食を全然食べてくれない、薬を服用しなければならなくなった・・・

卒乳を待つ前に、断乳しなければならなくなることがありますよね。

しかし、断乳はしっかりケアしながら行わないと、おっぱいに激しい痛みが出てしまったり、ひどいときには乳腺炎になってしまうこともります。

断乳時にケアを怠ってしまうことによって、次の子の授乳時に母乳が出なくなってしまうなんてこともあります。

ここでは、断乳時におっぱいの痛みの原因となりうる要因や、正しい断乳ケアの仕方をお伝えします!

断乳ケアを怠ると痛みがでることも・・・

断乳はしっかりとケアをしないとひどい痛みに悩まされる可能性があります。

ここでは、痛みに悩まされることなく断乳を完了することが出来る方法をお伝えします!

断乳でまず最初に痛む原因は胸の張り!

生まれてからずっと赤ちゃんにあげていた母乳。
ママの体も出産してからずっと母乳を作り続けていました。

もちろん、体は赤ちゃんがおっぱいを必要とする限り、母乳を作り続けようとします。

急に断乳をしてしまうと、体は今まで通り母乳を作り続けるので、すぐに乳房が張ってしまいます。

断乳する前から授乳の回数を減らしておけば、胸の張りをかなり抑えることが出来ます。断乳を決意したら、1ヶ月ほど前から授乳回数を減らすようにしましょう。

それでも断乳してみて胸が張ってしまった場合。保冷剤や氷をタオルで巻いて、乳房を冷やしてあげましょう

直接当ててしまうと冷えすぎてしまい、刺激を与えてしまうことで、逆に熱を持ってしまうこともあります。ひんやり気持ちいいな、と思う程度に冷やしましょう。

それでも痛みが引かず、張れがひどい場合は、「圧抜き」を一日に3回ほど行いましょう。

圧抜き

断乳を始めたら、体に母乳の生成が必要なくなったことを知らせるため、おっぱいをたくさん絞ってはいけません。

おっぱいを出してしまうと、体が「まだ母乳が必要なんだ!」と判断し、母乳を作り続けてしまうからです。

しかし、おっぱいの張りが強いと腕を上げるだけでも痛くなってしまうこともありますよね。そんな時に行ってほしいのが「圧抜き」です。

圧抜きはおっぱいがパンパンに張り、外に出たいのに出ることが出来ない母乳を少しだけ外に出し、張りを緩和させる方法です。

圧抜きのやり方は、乳輪のあたりを指2本で押し、溜まっている母乳を軽く出します。30㎖くらいを目安に出しましょう。

出しすぎてしまうと、また母乳を作ってしまうので、痛みが引くほど出すのではなく、「痛みが少し和らいだかな?」という程度でやめるようにしましょう。

母乳の生成を止めたくて、痛いのを我慢して圧抜きしないでいると、乳腺炎になる可能性が高くなります。

乳腺炎

乳腺炎になってしまうと様々な症状が出てきます。しこりの激しい痛み・乳房全体が熱を持つ・38.5℃以上の発熱・悪寒・頭痛・インフルエンザの時のような関節痛などです。

乳腺炎の症状が表れたら、無理して我慢をせず、すぐに病院を受診しましょう

母乳が作られにくいようにする

普段の生活の中にも、母乳の生成を促してしまう要因があります。断乳中は母乳を作りやすくしてしまう行動は避けましょう。

水分をたくさんとってしまうと、母乳をたくさん作ってしまいます。普段通り摂取する分には構いませんが、過剰に摂取することは避けましょう

お風呂はシャワーのみにしましょう。母乳は血液から作られているため、血行が良くなると母乳が作られやすくなってしまいます。

湯舟に浸かると血行が良くなり、母乳が作られやすくなってしまうので、あまりおっぱいを温めないようにシャワーのみの入浴にしましょう

断乳ケアの絞り方のコツ

断乳中の母乳の絞り方にはコツがあります。コツをしっかり掴めば、断乳中におっぱいが痛んだり、乳腺炎になるリスクを減らすことが出来ます。

ここでは、そんな断乳中の母乳の絞り方のコツを伝授します!

断乳は始める前が勝負です!

断乳は、お子さんに母乳をあげることをやめる前から始まっています。断乳を決めたら、出来れば1ヶ月ほど前から授乳回数を減らしましょう。特に夜間の授乳をやめておくと効果的です。

断乳をしておっぱいに痛みが出るのは、体が母乳を作ってしまい、飲んでもらえずおっぱいの中に母乳がたまるからです。

断乳を始める前から授乳回数を減らしておけば、断乳を開始する頃には母乳を作る量が減っているので、おっぱいが張りづらくなります。

夜間は母乳が作られやすい時間帯なので、夜間授乳を事前にやめておけば、更に母乳を作る量が減り、おっぱいが張る事を抑えられます。

断乳1日目・2日目

おっぱいが張って痛くなります。しかし絞らず張らせておきましょう。体に、もう母乳を作らなくていいことを教えます。

どうしてもという場合は、前述した通り冷やしたり圧抜きをしたりしましょう。適度に出すことは、乳腺炎予防になります。

断乳3日目

思いっきり絞りましょう!
断乳3日目は、母乳の生成が少なくなるタイミングだと言われています。生成が少なくなるタイミングで一度ほとんど出してしまいます。

古い母乳がずっとおっぱいに残った状態だと、乳管が詰まってしまいます。乳管が詰まっていると、次の子が生まれて授乳するときに、母乳の出が悪くなってしまう可能性があります。

乳管だけでなく乳腺まで詰まってしまった場合、母乳を作る量にまで影響が出てしまう可能性があります。次の子を出産した時に、授乳で苦労しないためにも、必ず3日目に古い母乳をしっかり絞りだしておきましょう

この時の絞り方は「おにぎり絞り」をしましょう。
名前の通り、おにぎりを握るようにおっぱいを握り、母乳を絞り出します。

親指と人差し指の間を大きく広げ、おっぱい全体を両手で対角にしっかり包み込み、外側から内側へ押し出すようにしっかり絞ります。

この時、両手で全体をしっかりと包み込めていないと、一部の母乳が絞り出せず、しこりが出来てしまったり、痛んだりすることがあるので注意しましょう。

断乳4日目

痛みが徐々に落ち着いてきます。
断乳時の胸の張りや痛みのピークは3日だと言われています。

ここからは、おっぱいの様子を見ながらケアしていきましょう。定期的に冷やしながら、張っていても極力絞らず圧抜きをするだけにしましょう。

断乳5日目以降

5日目には痛みがなくなる人もでてきます。
まだ痛みがる場合も、かなり落ち着いているでしょう。

5日目からは、圧抜きする間隔を意識します。少しずつ圧抜きまでの間隔を長くして、おっぱいに母乳が溜まっている時間を長くします。

そうすることで体は母乳を作る必要がなくなったこと理解します。少しずつ間隔を伸ばしていくことを続けていると、母乳が白色からだんだん透明になってきます

ほぼ透明になったら、断乳完了の合図です。順調にいけば断乳を始めてから1ヶ月ほどで完了するでしょう。

断乳しても母乳が透明にならず、血や錆のような色の液体が出る、いつまでも張りが治まらない、
ずっと痛みが続く、しこりが消えないというような症状がある場合は、病院を受診しましょう。

まとめ

生まれてからずっと続けていた授乳をやめるのは、簡単なことではありません。おっぱいが張れたり痛むのも辛いですが、赤ちゃんがおっぱいを求めているのにあげられないのが一番辛いですよね。

ママは心身共に辛い思いをすると思います。断乳は一人きりでやろうとせず、パパやママの両親など、周りの人に話を聞いてもらったり、時にはおっぱいが飲めなくて泣く赤ちゃんをあやしてもらったり、協力してもらいながら進めましょう。

おっぱいのケアだけは、ママがしっかりケアをするしかないので、あまり張っていないから、痛くないから、という理由で怠ったりせず、しっかり順序に沿って丁寧にケアをしながら断乳を完了しましょう。

おっぱいにトラブルもなく、お子さんと後悔なく断乳出来ますように!

断乳を始める少し、前から、フォローアップミルクの味に慣れさせておくと、栄養面からも安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました