子育てストレス解消方法!ポイントは○○へのあきらめと超簡単な発散方法!

子育て
スポンサーリンク

子育てをしていると、思い通りにいかない育児や家事にイライラしたり、手伝ってくれない旦那にイライラしたり、ストレスが溜まることが多いですよね。

少しずつ溜まっていくストレスも、溜めすぎてしまうといつか爆発してしまいます

子供に強く当たってしまったり、旦那さんに言いたくないことまで言ってしまったりすることも…そうならないためには、適度にストレスを発散することが大切です。

ここではストレスを溜めない方法、時間のないママでも出来るオススメのストレス発散の方法などをお伝えします!

子育てのストレスは旦那には理解できないとあきらめた方がいい

 

旦那が子育てのストレスを全く理解してくれないと悩んでいませんか?
そんな悩みを抱えるママは数多くいます。

○○って…もうわかりましたよね!○○=旦那さんです。

なぜ旦那さんは子育てのストレスを理解してくれないのでしょうか?
そこには、男性と女性の脳の作りの違いが少なからず関係しているのではないかと考えられています。

男性は同時に複数のことが出来ない

よく言われる言葉ですよね。そんな男性に反し、女性は同時に複数のことが出来ちゃいます。むしろ同時に複数のことをするように常に考えているような気さえします。

家事にしろ育児にしろ、同時にした方が絶対に効率が良いですよね。
洗濯機を回しながら、朝ごはんのパンをトースターで焼いている最中に子供のオムツを替えたり食卓の準備をする。

夕方は夕飯の支度をしながら、合間合間にお風呂の掃除をしてお湯をはったり、ぐずる子供の相手をしたり、荒れた部屋を片付けたり・・・

子供のいるママは、常に何かをしつつ、何かをする状態になっていると思います。これが、女性にとっては普通で、深く考えなくても普通にできてしまうのですが、男性にはできないのです。

そのため、育児と家事を常に同時にすることの大変さを理解してほしくても、そもそもそんなことが出来ない男性には想像が出来ないのです。

妻が家事育児の大変さを伝えても、

こんなことを言う旦那さんが数多くいるのが現実です。男性はこなす事柄を一つ一つとしてしか見てくれません。

家事をするのが大変だから、ストレスが溜まるわけじゃない。子供の面倒を見て育児をしながら、全ての家事をこなすのが大変だ、ということを伝えたいのになかなか伝わりません。

男性は目に見える成果を高く評価しがち

仕事は成果が目に見えて表れますよね。

例えば営業職なら成績が数字で表れます。製造業など、残業時間などで手当がつく仕事なら、残業時間や給料の金額で成果が表れます。管理職なら利益が数字として表れます。

数字は自分でも達成感を感じやすいですし、他人からもわかりやすく評価してもらえますよね。それに対し、家事育児は目に見える成果がありません

例えば、旦那さんが仕事を終えて家に帰って来たとき。子供は寝ていて、リビングはいつも通り整頓された状態になっている。旦那さんはそのリビングを見て何~んにも思いません

でも子供がいるときはリビングを整頓するのも大変です。夜整頓された状態になるまでの間、一体どんなことがあったのでしょう。

3食ご飯を食べる度にテーブルを拭いて、食器を洗ってキッチンを拭いて、家事をしている間に子供にリビングを散らかされて、一日に何度も片付けて、洗濯物を取り込んでも、子供がぐずって家事も溜まって、なかなか畳めず何時間も放置されていて・・・

一日中リビングが綺麗だったわけじゃないですよね。何度も汚くなっては片付けてまた汚されて…というのを繰り返し、夜きちんと綺麗な状態に戻すのも一苦労ですよね。

それでも、その過程を見ていない旦那さんは、綺麗なリビングを評価してはくれません。その綺麗なリビングが努力の賜物だと気づかないのです

そして言葉で伝えても、「リビングを綺麗に整頓しただけでしょ?」とあまり大変さを想像したり理解をしてくれたりはしないのです。

理解してもらおうと思うと疲れてしまうから諦めよう!

私は子供が生まれてから、家事育児を同時にこなす大変さをなんとか夫に理解してもらおうと必死でした。

理解して、「頑張ってるね」「大変だね」「お疲れ様」こんな言葉を言ってくれるだけでよかったのです。

でも、返ってくる言葉は
「じゃあもっとこうしてみたら?」
「〇〇さんとこもそんな感じって言ってたよ」
「まあー仕方ないんじゃない」
こんな言葉でした。

話す度に思っているのとは違う言葉ばかりが返ってきて、次第に夫と話すこと自体が嫌になってきました。

もうこれ以上は夫婦関係が悪化していく一方だと思った私は、
「この人には理解できないことを出来てる私はすごいんだ!」
と、自分で自分をいっぱい褒めてあげることにしました。

自分で自分を褒め始めてからは、それで満足が出来たおかげで夫に褒めてほしい、理解してほしいという気持ちが薄れてイライラすることもかなり減りました。

夫に理解してほしかったのは、家事育児を褒めてくれる人が夫くらいしかいないので、夫にとにかく理解して褒めてもらいたかったんだな、と思いました。

理解してもらえないことに悩んでいる人は、一度、理解してもらうことをスパッと諦めてみてはどうでしょうか?世の女性達は皆、旦那さんが理解出来ないような難行を毎日繰り返しているママに対し、「すごいよ!毎日お疲れ様!」と、思っていますよ!

自分なりの子育てストレス発散方法を見つけよう!!

子育て中は何かとストレスが溜まりますよね。
何を言っても言うことを聞かない子供。その子供に構えば構うほど溜まっていく家事。そんな一日の大変さを理解してくれない夫。

いろんな要因でストレスが溜まりますが、独身の頃のように時間を自由に使えないママは、ストレス発散をする時間もありませんし、子供がいるため、出来ることも限られています。

だからと言って、ストレスを溜めっぱなしにしているのは絶対に良くありません!程よくストレスを発散することによって、笑顔で優しいママでいることが出来ます

ここでは、そんな時間も行動の制限もされてしまっているママがストレス発散できる方法を伝えます!

自分に合った方法を見つけ、しっかりとストレスを発散し、楽しい子育てライフを送りましょう!!

甘い物など、好物を食べる

チョコレートなど、甘いものを食べると幸せホルモンのオキシトシンが分泌される
言われています。特に女性は甘いものを食べると、多くのオキシトシンを分泌すると言われています。

私はチョコレートが大好きです。
常に冷蔵庫にはチョコレートをスタンバイさせています。

そして少しイラっとしたり、疲れた時はすぐにチョコレートを食べています。チョコレートを食べると、スッとマイナスな気持ちが抜けていき、「よし、がんばろう!」と思えて頑張れます!

私は、Godivaのチョコレートをご褒美として買っています(#^.^#)
特別感があっていいですよ~

お酒を飲む

夜、子供の寝かしつけが無事終わり、全ての家事が終わったら、おつまみを食べながらお酒を飲んじゃいましょう!

お酒を飲むととてもストレス発散になりますよね。仕事の終わった旦那さんと一緒に晩酌をすれば、普段子供中心でなかなかとれない夫婦の時間を、楽しみながら過ごせるため、夫婦にとっても良い効果があります

授乳中のママはノンアルコールで晩酌がオススメです

ママ友に愚痴る

子育て中の悩みや愚痴を一番共感してくれるのは、やっぱり同じ境遇にいるママ友です。

子育て中の子供に関する悩みや夫に対する愚痴は、ただ共感して話を聞いてもらえるだけでもかなりスッキリしますよね!

ママ友にも愚痴や悩みがあるはず!お互いに愚痴って聞いて、お互いがお互いにストレスを発散させてあげる場になれれば素敵ですね。

趣味に没頭する

読書・絵を描く・音楽を聴く、なんでも良いので、趣味や自分の好きなことに没頭しましょう。

子供の昼寝中や、夜全ての家事育児が終わった後の時間で好きなことに没頭する時間をつくるのです

好きなことをすることで、ストレス発散になりますし、日中はその時間を楽しみにすることで、家事や育児を前向きに頑張ることができます。

一日の中で楽しみな時間を作るだけでも、毎日の楽しさが全然違いますよ!

 

私は、月に2回ぐらい、『自宅で映画館』をしていました。ホームシアターとかはないので、リビングのテレビに自分のみたい映画を映してみるんです。
映画は、<U-NEXT>
に申し込んでいるので、すきなものをチョイスしています。
ポップコーンも自分でつくって、好きなのみものと一緒に(^^♪

カーテンも閉めて、映画館の雰囲気を出すのがポイント!
その間、子どもは主人とお出かけしてもらうことが多いです。

3時間は、自分の時間に浸れますよ~

ホームシアターも思ったほど高くないんですね。


映画観るなら<U-NEXT>というけど、実は、マンガ や本、 雑誌も豊富だから、気分転換にはとってもおすすめです。


掃除する

部屋の状態と心の状態はリンクしやすいと言われています。

部屋が汚かったり散らかっていたりすると、心がもやもやし、イライラしやすくなってしまいます。部屋が綺麗になると、不思議と心もスッキリします

買い物に行く

物欲を満たすことも、ストレス発散には良いと言われていますよね。たまには自分のためにお金を使っちゃいましょう!

特にストレスが溜まってしまっている場合は、買い物の間だけ、旦那さんや実母に子供を預けて一人で買い物に行くと良いでしょう。

ずっと子供といるということ自体も、心が疲れている時はストレスになってしまいます。

短時間一人になるだけでもかなりのストレス発散になるはず!たまには周りの人にも遠慮せず甘えちゃいましょう!

まとめ

毎日家事に育児に追われて、自分の時間をつくることがなかなか出来ないママ。自分の時間がない中で、ついつい我慢してストレスを溜めてしまいがちです。

でも子供にとって世界でたった一人の大好きなママ。子供はママに笑顔で幸せでいてほしいといつも願っています。

そんな子供の願いを叶えるためにも、適度にできる範囲でストレスを発散しながら、笑顔で楽しい毎日を送りましょう!

タイトルとURLをコピーしました