結婚の初顔合わせで絶対にやっちゃあいけないこととは⁉

スポンサーリンク

結婚が決まって幸せの絶頂!大好きな人との結婚生活、もちろん幸せなものにしたいですよね。

幸せな毎日を送るためには、大好きな人の家族にも好かれることは必須!特に第一印象は今後の関係にも大きく関わるほど重要なポイントです。そんな今後を大きく左右する大きな行事が、初顔合わせです。

顔合わせってどんな服装で行けばいいの?ビシッと和装?それともカジュアルすぎない程度のワンピースでいいの?今までにない行事なので、迷いや不安が多いのではないでしょうか?

ここでは、顔合わせで絶対にやってはいけない服装のマナーや、身だしなみで気を付ける点をお伝えします!

結婚相手の両親との顔合わせでNGな服装マナーとは

絶対に相手の家族に良い印象を持ってもらいたい初顔合わせ。良い印象を持ってもらうためには、NGな服装マナーは絶対に避ける必要があります。

初顔合わせでのNGな服装マナーって?どんな服装が相手に良くない印象を与えてしまうの?普段なかなか立ち会わない場なだけに、考えただけではなかなかわからないですよね。

ここでは顔合わせでNGな服装マナーを紹介します!NGな服装マナーを避けて、相手の家族に確実に好印象を残しちゃいましょう!

露出の高い服

露出の高い服はどうしても品のない印象を与えてしまいます。特に胸元が大きく開いているような服は、やめましょう。顔合わせはお辞儀をする場面が何度もあります。その度に相手の両親が目のやり場に困ってしまいます。ノースリーブのワンピースを着用する場合は、必ずカーディガンやジャケットを羽織り、肌の露出を抑えましょう
会場が座敷の場合があるので、ミニスカートも避けるようにしましょう

派手な色の服

服の色は印象を大きく左右します。赤や黒など、ハッキリしすぎる色の服や派手な柄の服は避けましょう。淡い優しい色の服は清楚で明るい印象を与えてくれます。ピンクや薄い黄色や水色、白に軽い柄がついたようなワンピースがおススメです!

大きすぎるアクセサリー

アクセサリーは大きすぎる物や、派手すぎる物は避けましょう。あくまで、服装に少しアクセントを足す程度の物にしましょう。小ぶりなパールはどんな服装にも似合いますよ!

カジュアルすぎる足元

足元までしっかり気を使いましょう。スニーカーやサンダル、ミュールやつま先の見えるパンプスなどは避けましょう。出来る限りヒールの低い、つま先からかかとまで露出のないパンプスを選びましょう。

デカデカとしたブランドロゴのバッグ

バッグはできればノーブランドのシンプルな物にしましょう。ブランド物でも、ロゴがあまり主張していない物であれば問題ないでしょう。皮やビニールなど、素材がカジュアルすぎる物も避けましょう。

生足

生足は相手に対し、失礼に当たります。必ずストッキングを着用しましょう。正装はストッキングの着用が好ましいです。冬はタイツを履きたくなってしまいますが、よほどの理由がない限りはストッキングを着用しましょう

結婚の時の両親顔合わせの服装や化粧マナーは会場に合わせることも大切

服装や化粧マナーを、会場に合わせることはとても重要です。場合によっては、会場のドレスコードに引っかかってしまう場合もあります。事前に顔合わせの会場の雰囲気をしっかりと把握しておきましょう。

格式の高い料亭

和装が好ましいでしょう。和装の場合は、色留袖(一つ紋か三つ紋)・訪問着・色無地紋付(一つ紋か三つ紋)・振袖から選びましょう。

ホテルの一室

フォーマルなワンピースを選びましょう

洋風なレストランやカジュアルな会場

ワンピースが好ましいでしょう。ワンピースは膝丈の、淡い優しい色の物を選びましょう。

化粧

上品なナチュラルメイクを目指しましょう。濃いメイクは、第一印象ではなかなか好印象を与えられません。カラーコンタクトやつけまつげ、濃い色のリップはメイクが濃く見えてしまいがちなので控えた方が無難です。

ネイル

色はピンクやベージュ、フレンチが上品で好印象です。ストーンやスタッズがついたネイルは、年上の女性には敬遠されがちです。出来る限り短く綺麗に切りそろえ、シンプルなネイルにしましょう。

香水

香水はどのような会場・服装でも基本的にNGです。匂いは、人それぞれ好き嫌いが大きく分かれます。苦手な匂いだと、食事も台無しにしてしまいます。どんなに匂いの軽い物でも、顔合わせの場ではつけることは控えましょう。

両家の格を合わせる

会場に合わせた服装をすることはとても重要です。しかし、会場には合わせたつもりでも、両家の服装の格が大きく違うと、なんだかちぐはぐな場となってしまいます。

きっちりとした和装やフォーマルな洋装にするのか、カジュアルな服装にするのか。事前に打ち合わせしておくと良いでしょう。

特に和装の場合は、家族が主役より格上の服装になってしまうのはご法度です。新婦がどの着物を着るのか、しっかり把握した上で、両家の家族が着る着物を決めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
マナーに当日の挨拶や会話、考えることがとても多い両家顔合わせ。

しかし、両家顔合わせは結婚をする上での最初の儀式です。最初のスタートが良ければ、その後の物事も順調に進むこと間違いありません。

しっかりマナーを抑え、服装や身だしなみのNGを避け、お相手の家族に最高の好印象を残しちゃいましょう!両家初顔合わせが大成功に終わり、幸せな結婚生活が待っていますように!

タイトルとURLをコピーしました