子育て中のイライラ!魔の2歳児のイヤイヤ期を乗り越える方法は!?

子育て
スポンサーリンク

自分で行動したり表現の仕方も豊かになり、言葉の幅もぐんっと広がる2歳児。

だいたいその頃ぐらいから激しくなるイヤイヤ期魔の2歳児ともいわれますね。

何をするにもイヤ。思い通りにいかないと泣いて怒る。なだめてもスムーズにいかないし、外出するのも億劫になりますよね。

ここからはそんな大変な2歳児のイヤイヤ期を乗り越える方法と対処法について紹介していきます。

スポンサーリンク

2歳児の特徴

まずは2歳児の特徴を理解する事から始めましょう!
自我がでてきて、自己主張が激しくなる時期です。

自分でやる!と言った自立心がでてきます。それが思い通りにいかないと、泣き喚いたり、反り返ったりして癇癪をおこしたりします。これがイヤイヤ期です。

わがままにもとらわれがちですが、子供たちがきちんと成長している証拠でもあります。

自分でやりたいが為に挑戦してはうまくできず、イラついてしまったり、そんなウズウズした気持ちを上手く言葉で表現できず、感情も抑えきれないのでそれに伴ってでてくる言葉が『イヤ!』だったりカンシャクです。

その心と体の発達が著しい時期なのです。

イヤイヤ期の対処法

絶対に避けられない2歳児のイヤイヤ期。そんな時期を一緒に乗り越えるためにやってはいけない事は一方的に怒る事

なんでもダメと大人が言ってしまうと、子供が考えたり思っていた事を全否定する事になります。

また、わかりにくい表現やあいまいな言い方は子供を混乱させてしまう可能性があるのでやめましょう!

「言う事を聞かないなら置いてくからね」など、脅しの表現もやめましょう。親子の信頼関係が崩れる原因にもなります。

また、私もやってしまいがちなのですが、モノで釣ったり、お菓子で釣ったりするのもやめましょう(‘ω’)
癖になってしまいますし、親子で向き合う機会がなくなってしまいます

2歳児の特徴を理解したうえで、子供の自立心を理解してしっかり受け止めてあげる事、そしてわかりやすい表現で伝えてあげる事が大切です。

「〜したかったんだよね。でも上手くできなかったんだよね。」
などと気持ちを理解して代弁してあげましょう。

そしてイヤと言葉を言ったら、「そうだよね、嫌なんだよね」と共感してあげる事で子供自身が理解してくれていると安心感を得ることができます

解決が難しい事は、「お休みの日にやろうね」などと先の見通せる言葉をかけてあげましょう!

「ダメ!できないよ!」と突き放すのではなく、きちんと目をみて伝えてみましょう!

カンシャクをおこしてしまったら、外の空気を吸わせてみたり、抱きしめてあげたりして、少し気持ちが落ち着くまで待ってあげましょう

落ち着いたら、「〜してみる?」などと気持ちを背けてあげましょう。時間があればとことん付き合ってあげるのも大切です。

イヤイヤ期の子供との接し方

自立心がでている時は、可能な限りやらせてあげましょう。
「まだできないからやめようね」などと大人が決めつけるのはNGです。

そばで見守りながら応援して、できた時はしっかり褒めてあげることが大切です。

見通しのできる言葉をかける

「ご飯食べたらお風呂に入ろうね」などと、スムーズに行動できるように声かけをしていきましょう。

以前知り合いの保育士さんからも聞きましたが、見通しを持たせる事で、子供自身も意識して行動できるみたいでそこから『イヤイヤ』にあまりならないみたいです。

物事がスムーズに流れるのは大人にとってもありがたいですよね。

選択肢を作る

服を選ばせたり食べるものを選ばせたり、選択肢を与える事によって考える力や自主性を身につけることに繋がるとされているみたいです。

我が家でも、朝食はパンかご飯かなど、すごく小さな事でも自分で選ばせるようにしています。

これによって、自分の意見をしっかり表現できる子に育って欲しいなと思っているからです。
自分で答えを出させるとあまり『イヤイヤ』に繋がらないのでうちでは自分で選択させてます。

時間に余裕を持つ

子供は急かされるとストレスを感じるそうです。
「早くしなさい」
「早く着替えなさい」など
行動一つ一つを振り返ってみると私もよくせかしているなと反省しました。

時間に余裕があれば、ちゃんと子供と向き合えますよね。
ですので、親が見守ってあげられる時間を持つ為にも前々からしっかりタイムスケジュールを組んでおくといいでしょう。

お昼寝の時間は確保する

子供は眠いとぐずったり、機嫌がとても悪くなります。そうなる前にちゃんと時間を確保して
お昼寝をさせてあげましょう。

子供のコンディションを万全な体制にするのも親の務めです。しっかりした生活リズムをしていた方が『イヤイヤ』も少なくなってきます。

まとめ

まずは子供の気持ちを受け止めること。そして共感してあげる事が重要です。
『イヤイヤ』が爆発してる時はまったく聞いてくれないと思うので、落ち着くまで待ってあげる事

それから目を見てできるだけわかりやすく話してあげるのが大切です。

2歳は成長が著しく、本当に難しい時期です。イヤイヤ期は大変ですが早く終わって欲しいと思わず、しっかり向き合って、できるだけ一緒に楽しんでみて下さい。

これも今しかないですからね。
いつか終わる、その日が来るまで子供と一緒に乗り越えていきましょう!


タイトルとURLをコピーしました