油性ペンの落とし方!布についた場合の方法とは!?

家事
スポンサーリンク

どんな物にも書くことができ、こすっても洗ってもとれないことが魅力の油性ペン

しかし、その魅力が悲劇になってしまうこともありますよね…

服についてしまったとき。絶望ですよね。何をしても取れない。こすっても、洗濯機で洗ってもとれません。

特に、小さなお子さんのいるママは、何度もこの絶望を味わってますよね~。

最初は、
「汚れ落ちないし、もういっか。…」と諦めて捨てていても、何度も汚されると、汚されるたびに捨てるわけにもいかなくなってきますよね

そうなるともう汚れを落としてしまうしかありません!でも油性ペンの汚れを落とす方法なんてあるの?と思いますよね。実は、あるんです!
ここでは、油性ペンの汚れの落とし方をご紹介します!

スポンサーリンク

油性ペンの落とし方

 

液体洗剤で一晩つけ置きし、洗濯する!

一番簡単な方法です。液体洗剤を汚れている部分にたらします。そのまま一晩放置します。そうすると汚れが浮いてきます。浮いた汚れをお湯で軽く洗い流し、最後に洗濯機で通常通り洗濯します。

場所は、お風呂など液体洗剤が服から垂れてしまっても問題ない場所でつけ置きしておくことをオススメします。

液体洗剤は、洗浄力の高い濃縮タイプの物を使用してください。この方法は、汚れがついてすぐに行うととても効果的です。汚れがついてから早ければ早い程落ちやすいです。

逆に、汚れがついてから時間が経ってしまっていると、なかなか落ちづらくなってしまいます。

一度行ってみても汚れが落ちない場合、繰り返し何度か行ってみてください
それでも汚れが落ちない場合、他の方法をオススメします。

少し手間と根気が必要になりますが、他にも油性ペンの汚れを落とす方法はあるので、
ご紹介します!

クレンジングオイルで落ちる!除光液でも落ちる!!

クレンジングオイル、又は除光液で落とすことができます。この2つは基本的にいつでも家にありますよね!いつでも家にある物のため、いつ汚されても対応できるのが利点です。

では、落とす方法をご紹介します。

用意するもの
・クレンジングオイルor除光液
・汚れてもいい布
・歯ブラシ

まず、汚れてもいい布をテーブルの上におき、その上に油性ペンで汚れた服の汚れた部分が布に密着するように置きます

そして、汚れている部分にクレンジングオイルか除光液を垂らします。

その上から、歯ブラシでトントンと叩きます。汚れてもいい布に汚れを移すイメージで、優しくトントン叩いてください。

そうすると、徐々に汚れが汚れてもいい布にうつっていきます。

ある程度トントンすることを繰り返したら、お湯又は水で流します。そして、まだ汚れが残っている場合、また同じことを繰り返します

薄くなるまで繰り返したら、通常通り洗濯します。するとびっくり!綺麗に落ちてしまいます。

もし、使える歯ブラシがない場合は、汚れに直接クレンジングオイルか除光液をかけ、汚れてもいい布で汚れている部分を直接トントンし、汚れをうつすこともできます。

この方法は、クレンジングオイルと除光液を使うため、色の濃い服や柄の多い服だと、色落ちしてしまう可能性もあります

本格的に始める前に少しつけて軽く擦ってみて、色落ちしないかどうか確認することをオススメします。

そして、もし色落ちしそうな場合は、他にも油性ペンの汚れを落とす方法がありますので、ご安心ください!

オキシクリーンを使用する!

服の汚れや換気扇などのしつこい油汚れ・お風呂のしつこい赤カビなど、何にでも万能に効くオキシクリーン

常備されている家庭も多いかとおもいます。

このオキシクリーン、やはり油性ペンの汚れも落としてくれます!では、オキシクリーンを使用して汚れを落とす方法をご紹介します。

まず、バケツや洗面器に40~60度のお湯を入れます。その中に油性ペンで汚れた服を入れて、30分ほどつけ置きします

つけ置きが終了したら、汚れた部分をブラシで擦ります。擦って汚れが薄くなったら、通常通り洗濯します。すると…跡形もなく汚れが消えてしまいます!

オキシクリーンで汚れを落とす場合は、汚れてから時間が経ってしまっていると少し落としづらくなってしまいます。数日経ってしまっていると、なかなか落ちない可能性があります。

ブラシで擦っても汚れが落ちない場合は、無理して擦ってしまうと生地を傷めてしまう可能性もあるので、クリーニング店を利用することも検討してくださいね!

まとめ

油性ペンの汚れは、本当に落ちにくいですよね。お伝えした方法も、同じことを何度も繰り返したりするため、根気が必要になります。

それでも、綺麗に落ちたら気持ちが良いですよね!

強くトントン叩きすぎたり、ブラシで擦りすぎたりしてしまうと、生地を傷めてしまったり色落ちの要因となってしまいますので、気を付けながら行う大変な作業ではありますが、効果は期待できます!

油性ペンで服が汚れてしまった際は、ぜひご紹介した方法を試してみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました