何歳?長寿祝いの種類と年齢【古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿】

一般常識
スポンサーリンク

日本では、長寿を祝う習慣がたくさんありますよね。その長寿のお祝いが、何歳の時になんという名前のお祝いをするか、自信を持って言える人は少ないのではないでしょうか?

ここでは、そんな長寿祝いの種類祝う際の年齢祝い方などを詳しく解説します!

スポンサーリンク

長寿祝いの種類をすべて解説!

還暦はご存じの方も多いですよね!60歳の時に祝う、一番最初の長寿のお祝いですね。しかし、長寿のお祝いはそれだけでは終わりません。70歳、77歳、80歳、88歳、90歳・・・・・なんと120歳まで長寿のお祝いはあります!

では何歳の時になんという名前のお祝いをするのか?ここで一つずつ解説します!

古希

還暦祝いの次にくる長寿のお祝いです。70歳の長寿祝いになります。

本来は数え年で70歳になる時に祝うのが一般的でした。数え年とは、お母さんのお腹にいるときを0歳とし、生まれた時に1歳になり、生まれて初めて迎えた正月で2歳になるという考え方です。

その後、正月がくる度に皆一斉に年をとることになります。そのため、昔は70歳になる年の正月にお祝いをするのが一般的でした。

しかし、今は歳の数え方は満年齢が一般的です。数え年で数える習慣がなくなったため、今は古希のお祝いも、70歳の誕生日に行うことが多くなっています。

還暦祝いでは、赤いちゃんちゃんこを着てお祝いしますよね。還暦のテーマカラーは赤色です。

古希にも同じようにテーマカラーがあり、古希のテーマカラーは紫色です。

理由は、昔紫色は位の高い人しか身に着けることの出来ない、高貴で特別な珍しい色でした。そして、当時は平均寿命が50歳をきっており、還暦の60歳でも珍しい時代。古希である70歳まで生きることは、非常に珍しいことでした。

そのため、長生きに対し敬意を表すため、珍しい紫色のちゃんちゃんこを着てお祝いし、紫色の物を贈っていたそうです。

喜寿

喜寿77歳の長寿祝いです。”喜寿”の由来は、「喜」という漢字の草書体である「㐂」が、七が重なって見えるということからきています。

還暦と古希は中国から伝わってきたお祝いの行事ですが、喜寿は日本発祥です。

お祝いのタイミングは古希同様、昔は数え年で77歳になる年の正月にお祝いをされていましたが、今は77歳の誕生日に祝うのが一般的です。

喜寿のテーマカラーは古希と同じ紫色です。紫色の物をプレゼントで贈るのが主流です。

傘寿

傘寿は80歳の長寿祝いです。八十を縦に書くと、傘の略字の「仐」に似ていることから、傘寿という名前で祝われるようになりました。

傘寿のお祝いも、古希や喜寿と同様、昔は数え年で80歳になる年の正月に行われていましたが、今は80歳の誕生日に行うのが一般的です。

傘寿のテーマカラーは諸説あります。古希・喜寿と同様の紫色か、米寿と同じ黄色か金色です。地域などによって異なるので、お祝いをする際は必ずどちらの色をテーマカラーにするのか確認しておきましょう。

米寿

米寿は88歳の長寿祝いです。”米”という字を分解すると、「八」「十」「八」になることから、米寿と呼ばれるようになりました。

八は末広がりで、縁起が良い数字とされています。88歳は、その八が重なりとても縁起が良いので、お祝いされるようになったそうです。

米寿も、古希・喜寿・傘寿同様、昔は数え年で88歳になる年の正月にお祝いされていましたが、今は88歳の誕生日に行われるのが一般的です。

テーマカラー黄色と金色です。理由は、”米”の文字から連想されるのが、「光り輝く稲穂」だからです。

卒寿

卒寿は90歳の長寿祝いです。”卒”の略字である”卆”を分解すると「九」と「十」になることから、卒寿と呼ばれるようになりました。

卒寿も喜寿同様、日本で発祥したお祝いの行事です。卒寿のお祝いがされるようになったルーツはあまり知られておらず、喜寿が祝われるようになった室町時代の頃から、60歳の還暦以降10年の節目とぞろ目の歳にお祝いをされるようになったので、その流れで出来たお祝いの行事、とされている説が有力です。

お祝いを行うタイミングは、上記の長寿祝い同様、昔は数え年で90歳になる年の正月に行われていましたが、今は90歳の誕生日に行われるのが一般的です。

テーマカラーは、古希・喜寿と同じ紫色です。理由も同じ、高貴で特別な珍しい色で長寿者に対し敬意を表するためです。

白寿

白寿は99歳の長寿祝いです。”百”の漢字から”一”を取ると「白」になります。”100-1=99”になることから、99歳の長寿祝いが白寿と呼ばれるようになりました。

お祝いを行うタイミングは、上記の長寿祝い同様、昔は数え年で99歳になる年の正月に行われていましたが、今は99歳の誕生日に行われるのが一般的です。

テーマカラーは”白寿”という名前にちなんで白色です。

長寿祝いのお祝いは何を贈る?相場はいくら?

 

長寿祝いでは、どんなプレゼントを贈ればいいのか?相場も気になるところですよね。

長寿祝いのプレゼントの相場は、長寿者と贈る側の人の関係によって変わります。

子供から親へ贈る場合   2~3万円
から祖父母へ贈る場合  1~3万円
親戚に贈る場合      5,000~2万円
恩師や上司に贈る場合   1~3万円

以上が相場になります。

では、プレゼントはどんな物を贈ればいいのでしょうか?長寿祝いといえば、それぞれのテーマカラーのちゃんちゃんこを贈る、というイメージが大きいのですね。

今もテーマカラーのちゃんちゃんこを贈り、祝いの場で記念写真を撮ることはよく行われています。

しかしちゃんちゃんこは、普段はあまり着ませんよね。テーマカラーのちゃんちゃんこは、祝いの場で着るためだけに贈られる場合が多く、そのほかにもプレゼントを贈るのが一般的です

長寿祝いで一番多く贈られているのは、テーマカラーの色の物です。

身に着けるようなものなら、テーマカラーがワンポイントで入っているだけでもいいのです。セーターやポロシャツ、マフラーやストールなどがよく選ばれています。

テーマカラーの花をメインにした花束もよく選ばれており、贈る相手にも喜ばれるプレゼントです。生花もキレイで匂いに癒されるのでオススメですが、枯れることもなく、手入れも必要のないプリザーブドフラワーも人気があります。

テーマカラーに沿わないものですと、長寿者の好物や趣味の物を贈るケースもよくあります。

お酒が好きならお酒やつまみに合うような食べ物、お酒を飲むグラスやタンブラーも喜ばれるでしょう。ゴルフが好きならゴルフの道具、手芸が好きなら手芸の道具や素材など。あとは、趣味が分からなかったり、趣味に関するものを贈るのが難しい場合、よく使われるような物を贈ることをオススメします。お箸やお茶碗、湯飲みなどの食器類や、マッサージ器などの健康器具など、普段よく使う物を贈ると喜ばれます。

まとめ

いかがですか?

昔は長寿が珍しかったため、その長寿を祝うためお祝いが行われていましたが、今日本は長寿大国のため、長寿も珍しくありません

しかし、長寿であることは決して当たり前のことではなく、大事な人が健康で元気に生きてくれていることに感謝しなければなりません

長寿祝いが、大事な人が元気に生きてくれていることに感謝できる良い機会になるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました