古希の意味やお祝いの内容は?いつ祝ったらいいの?

一般常識
スポンサーリンク

”古希”の言葉の由来は中国からきています。中国の有名な詩人、杜甫の詩の一部「人生七十古来稀」 「70年生きる人は、古くから稀である」という部分からきています。そのため昔は「古希」ではなく、「古稀」という漢字でした。

しかし、昔とは違い今では70歳はまだ平均寿命まで10年以上あり、稀ではなくなってきたこと、「稀」の漢字が日本では常用漢字ではなかったことから、「古希」の漢字に変わったと言われています。「希」に変わった理由については、「これからの人生元気に楽しく過ごせますように」という”希望”を込めるため、という説もあります。

お祝いの時期は、本来数え年で70歳になる年に行われていましたが、今は70歳の誕生日で行われるケースが多いようです。

スポンサーリンク

古希の祝い方は?どうして紫色なのか?

古希のお祝いには、”こうでなくてはいけない””これをしなければならない”という決まりはありません

家族や親戚と温泉旅行に行ってお祝いをしたり、ホテルのレストランの個室料亭でお祝いするのもよいでしょう。長寿者が「かしこまった場所より、皆とのんびりまったり過ごしたい」と希望するのであれば、子供や孫が手料理を用意し、ホームパーティー形式でお祝いするのも喜ばれます。

古希のテーマカラーは紫色です。古希のお祝いでは、紫のちゃんちゃんこを用意し、記念撮影するとよいでしょう。

古希のテーマカラーが紫色であることには、理由が二つあります。

一つは、70歳という長寿に敬意を示すためです。日本が古希のお祝いをするようになったのは、室町時代からだと言われています。その頃は、まだ60歳の還暦ですら”長寿で珍しい”時代です。70歳まで生きるとなると、まさに”稀”であり、”長生きされたことに対する敬意を示すべきこと”でした。紫色は、当時は位の高い人しか身に着けることのできない、珍しい特別な色でした。そんな紫色のちゃんちゃんこを贈ることで、70歳という長寿に敬意を表していた、ということです。
もうひとつは、紫色には”人を癒す力がある”と言われていることです。長生きすることで培った経験や知識を後世に残すため、日々奮闘してくれている長寿者に対し、「癒しの力のある紫色癒され、これからも長生きしてほしい」という意味が込められていたそうです。

古希祝いに人気のプレゼントとは?その理由は?

花束

古希祝いでよく贈られるプレゼントは花束です。テーマカラーの紫色の花束が贈られる事が多いです。還暦の時はテーマカラーが赤色のため、赤色の花をメインにすることによる注意点は特にありませんが、テーマカラーが紫である古希は注意が必要です

花の色の組み合わせに注意が必要になります。紫と白の組み合わせは、必ず避けましょう。紫と白は不祝儀を連想させてしまいます。縁起が悪く、相手にも不快な思いをさせてしまうので、気を付けましょう。

さて、還暦の時の赤色と違い、紫というとなかなかメインにくる花が思いつかない・・・なんてことはありませんか?意外とメインを飾れる紫の花はあります!古希祝いにピッタリな花は以下の通りです。

・紫のバラ

バラはとても綺麗で存在感があり、豪華で特別感のある花ですよね。普段見る機会もあまりないため、貰うと幸せな気分になること間違いありません。赤色のバラはハッキリとしたキレイな発色のイメージが強いですが、紫のバラは濃い紫色ではなく、薄めの紫色です。品があり、花束にする場合は周りの花も色々な色が合わせやすく、とてもオススメです!

・トルコキキョウ

様々な色のあるトルコキキョウですが、紫色のトルコキキョウの花言葉は「希望」です。70歳という節目、これからの人生楽しく幸せに過ごせますように、という希望を込めて贈るのに最適です。

季節を問わず通年販売しているので、70歳の誕生日に合わせてお祝いをする場合、どの季節であっても手に入れることができるのでオススメです。夏場でもとても花持ちがよいので、贈られる側としても嬉しいはずです!

・カーネーション

カーネーションにも紫色があります。紫色のカーネーションの花言葉は、「気品」「誇り」です。長寿を祝う古希のお祝いにピッタリの花言葉ではないでしょうか。

フリフリした花びらが可愛いカーネーション。小ぶりでシンプルな花と合わせて花束にすると、可愛い花束になり、喜ばれること間違いありません!

花束以外のプレゼント

花束以外のプレゼントは、テーマカラーの紫色の身に着ける物が主流です女性に贈る場合は、紫の宝石のアメジストが使われているアクセサリーやマフラーやストールなど。男性に贈る場合は、紫のワンポイントが入ったセーターやマフラー、手袋などのプレゼントが人気です。

人を癒す力があると言われている紫色。身に着ける物に紫色が入っていると、大きな効果が期待できますよね!

上記の物が古希祝いでは人気のあるプレゼントではありますが、一番大事なのは、プレゼントを受け取る長寿者が喜んでくれることです。

古希祝いによく選ばれる物や人気のある物を、必ずしも贈らなければいけないわけではありません。お酒が好きならお酒やグラス、ゴルフが好きならゴルフバッグ、など長寿者の趣味に合わせて贈るのも良いでしょう。

まとめ


いかがでしたか?
還暦に次いで2度目の長寿祝い。

70歳だとまだまだ若々しい方も多いですよね。趣味を楽しみながら、”第二の人生”を満喫されている方も多いのではないでしょうか。「これからも元気で楽しく過ごして長生きしてね」そんな気持ちが精いっぱい伝わる、幸せ溢れる祝いの場になるといいですね!


タイトルとURLをコピーしました