お弁当カップやピックの収納方法! 忙しい朝のお弁当作りが楽になる!?

家事
スポンサーリンク

お弁当作りの必需品として、カップやピックがありますね。最近は、色々なカラーや形、キャラクターや動物が付いていたり、素材も使い捨てのものから、シリコンなどの洗って使うタイプの物など種類も豊富にあります。

そうすると、ついつい買っちゃうんですよね。とっても可愛いから。お弁当作りが苦手でも、キャラ弁作れなくても、グッズを利用するだけで、びっくりするほど可愛く完成する!これは買う以外の選択肢はありません。

ただ、お弁当箱に入るサイズなので、どれもこれも小さいですよね。バラバラバラバラ・・・すぐに散らかってしまったり、引き出しの中で迷子になったり。また、散らかったものを拾い集めるのも、手間がかかる。

忙しい朝のお弁当作りの時間に、さらに散らかるなんてことがあると一気にテンションDOWNで、気持ちの余裕がなくなりモタモタしている子供への当たりが強くなってしまう悪循環。

お弁当グッズは愛らい姿をしながら、なかなか手強いアイテム達です。では、少しでもストレスを減らすためにも収納方法などを見直してみましょう。

スポンサーリンク

収納にオススメの方法

まずは引き出しに小物を入れる際は、蓋のあるものを使うといいですよ~。子供がお手伝いしたいと言い出した時、落としてしまって全てがひっくり返った時の衝撃は大きいです。

自分が忙しくしている時に手が当たってぶちまけてしまった時の被害も最小限に押さえたいですよね。ですから、安全第一で蓋つきをオススメします

具体的なおすすめの商品

ここでは、手軽に購入できる100円均一の商品を少し紹介したいと思います。

ダイソーの公式ホームページより

こちらは、蓋つきの小物ケースです。積み重ねもできるため、お弁当を作る際は、引き出しや棚から、積み重ねた状態で取り出しができます。積み重ねできる商品なので安定しており、途中でバランスを崩して落としてしまうことが減ります!


キャンドウの公式ホームページより

こちらは蓋つきの小さな瓶です。ピックなどを入れて収納すると、ピックがバラバラになって迷子になることもありません。瓶も可愛いので、そのまま見える収納してあってもインテリアの一つとして見せるのもOK!

キャンドウの公式ホームページより

こちらは指1本で簡単に蓋の開閉ができる優れものです。お弁当を作っている最中、手が汚れてしまっていてもポンッとボタンを押せば蓋が開くので使いやすいことこの上ない!

キャンドウの公式ホームページより

こちらは仕切り板を自分で移動させることができるため、小物のサイズに合わせて自由にスペースを確保できます。これらの小物収納ケースを使うと、ピックやカップなど使いやすく収納できるかと思います。

収納方法

同じ種類の物同士を1つのケースに入れるのもいいですが、毎日お弁当を作る場合は、大体のピックの数やカップの数は決まってくると思います。ですから、1回のお弁当用としてシリコンカップ2つとピックを3本などまとめて1カ所に入れるケースを1つ準備しておくと、朝はそのケース1つだけを取り出せばOKというように作業が少し楽になるかもしれません。

忙しい朝、お弁当関係のグッズは一カ所にまとめておこう!

上記では、グッズ毎の収納方法を紹介しました。ですが、お弁当を作ろうと思うと、お弁当の小物だけでは完成しませんお弁当箱やピックなどの小物、お手拭き水筒など必要なものはたくさんあります。それらを毎日バラバラの場所へ片付け、忙しい朝にまたかき集めるという作業は面倒くさく、忘れ物をしてしまう可能性もあります。


キャンドウの公式ホームページより

これは少し大きめのケースです。約300mm×210mm×83mmです。
この中にお弁当に必要な物全てを一つにまとめるのがおすすめ。そうすれば、お弁当を作る前にこのケース一つを取り出し、お弁当を詰め、水筒を準備し、忘れ物なく手間も減らせて出かけることができるかと思います。また、夜の片付けの際も、片付け先はこのケース1つなので、ここに全て収納すれば終わるので楽になるかと思います。

まとめ

忙しい毎朝、お弁当作りをしていらっしゃる方々。本当に尊敬します。
たまーにしかない遠足のお弁当ですらどうしようと焦る私にすれば、毎日なんて想像もできないくらい大変だと思います。でも、子供の喜ぶ顔や、毎日おいしかったと完食してきてくれる姿をみると頑張ろうという気持ちにもなりますよね。

ついつい増えてしまう小物類ですが、細かい仕切りやそれぞれ小物にあったサイズの収納BOXを利用すると格段に使いやすさが上がります。小分けにすることでも、少しでも作業がへるように小分けにしたものをひとまとめにすることが作業を楽にする方法かと思います。

色々な収納グッズ便利グッズを駆使しながら、子供が喜んでくれるお弁当作り頑張りたいですね。

タイトルとURLをコピーしました