母乳とミルクの違いって何?ミルクで育てちゃ、赤ちゃんが可哀想なの?

妊娠・出産
スポンサーリンク

赤ちゃんを産んだら、母乳は困らずに出るもの、と思っていませんか?私は思っていました。なんなら、出産前から出る人もいると噂を聞くから、なーんだ!簡単に出るんじゃない!?なんて…

しかし現実は…
最初はなかなか思うように出ず、赤ちゃんもまだ飲み慣れないので乳首が出血するなど、数日間、痛かったぁ‥(><)

なので、最初はミルクも適宜使いながら、おっぱいを休めつつ、母乳が安定して出るのを待ちました。これは聞いている感じだと、わりと多くのお母さんが経験されることなのかなと思います。

また、その後も、里帰りから自宅へ帰ったら、母乳が出なくなっちゃった、働き始めたいから、ミルクも飲んでもらわなきゃ…など、ミルクを使わなければならない事情のあるお母さんもいるでしょう。

そんなとき、
「母乳が出ないなんて、赤ちゃんに申し訳ない」
「母乳で育ててあげられず、赤ちゃんが可哀想」
など、自分を責めていませんか?

でも、本当に、母乳がよくて、ミルクをあげることは可哀想なことなのでしょうか?

スポンサーリンク

母乳とミルクの違いとは

母乳

母乳は、お母さんの食べたものから作られます。なので、しっかり栄養が摂れていないと、母乳はできなくなってしまいます。
また、お母さんの毎日食べるものは違いますから、母乳は日々、味も成分も異なります。
ストレスなど、ホルモンのバランスによっても出なくなってしまうので、食事以外にも、メンタルが安定していることも重要です。

母乳のメリットは、お母さんの免疫物質を含むことと、赤ちゃんの腸内環境を整えることです。
お母さんからもらう免疫物質のおかげで、母乳で育つ赤ちゃんは半年くらいはお母さんの免疫で守られるため、風邪などをひきにくくなります。

また、母乳に含まれる糖質や、乳首に存在するビフィズス菌が、赤ちゃんに必要な腸内環境を作ってくれると言われています。(参考書『自然に沿った子どもの暮らし・体・心のこと大全』本間真二郎 大和書房)

それから、母乳は一食の中でも味に変化があると言います。
飲み始めはさらっとしていて、15分くらい経つと、とろりと濃厚なものへ変化していくようです。これにより、赤ちゃんは満腹感を得るんだとか。
人間の身体はよく出来てますよね(-ω-)

ミルク

一方、ミルクは牛の乳の成分を含みます。その他、油脂や糖分を適度に加えて母乳に出来るだけ近い味わいになるよう、調合されています。ビタミンもバランス良く含みます。毎日、味も成分も変わりません。

牛乳と聞くと、抵抗を感じる方もいるかもしれません。日本人は大人になるにつれ、牛乳を飲んで下痢になるなど、不調を感じる方がいます。これは、赤ちゃんのときには持っていた乳糖分解酵素(ラクターゼ)の働きが成長に伴い低下してしまうからなのです。

しかし、赤ちゃんのうちは、先天的にラクターゼの活性が低い子でない限り、その点は大丈夫です。ただし、日本人にはそもそも牛乳はあまり体質に合いません。腸を冷やし、腸内環境を悪玉菌よりにしてしまう、とも言われます。

また、牛が食べたもので出来ているので、どこの牛がどんなものを食べて育ったミルクなのか?など、気にしだすとキリがありません。
ミルクを飲む期間は限られています。腸内環境は、食事をするようになってからでも整えることができますので、マイナスイメージを持ったまま使うのはやめましょう。

もしどうしても、牛のエサまで気になる方は、気にしながらあげるのは辛いもの。値は張りますが、海外からオーガニックのミルクを取り寄せることも出来ますので、お母さんが気持ち良く、安心してあげられるものを選ぶとよいと思います。

母乳とミルク、あげる頻度や量は違うの?

母乳は消化がよく、量も一定ではありません。なので、赤ちゃんが欲しがるだけあげて大丈夫です。特に新生児期は、まだ生活リズムが整わないので欲しがる時間がバラバラです。それも徐々に整ってきますので、心配せずに欲しがるときにあげましょう。

ミルクは、消化に時間がかかります。言い換えれば、腹持ちがいいのです。なので、一般的には3時間以上あけるようにします。授乳の合間になにか飲ませたい場合には、白湯や赤ちゃん用の麦茶などで水分補給をします。

母乳育児の方が、愛情を注いでいるように感じるけど…

確かに、母乳はお母さんと赤ちゃんの最高のスキンシップになります。ですが、ミルクだって、赤ちゃんの目を見たり、声をかけてあげたりしながらあげれば、十分に愛情は伝わりますよ。
それに、ミルクならお母さん以外でもあげることができるので、お父さんも赤ちゃんと二人きりの時間を持つことができるメリットがあります。

まとめ

ミルクでは真似できない、母乳ならではのメリットや、お母さんとの密着度が高い母乳育児は、もちろん理想だと思います。ですが、なんらかの理由で母乳が出ない、出が少ないお母さんや、働くお母さんと赤ちゃんには、ミルクは必要なものです。

母乳でもミルクでも、目指すのは赤ちゃんの健やかな成長。どちらにしても授乳期間は、人生の中でたったの1~2年間!お母さんも赤ちゃんも、幸せな時間を過ごせますように♪

タイトルとURLをコピーしました